<< 桜の帯 / 美味しいもの?時々桜あります >>
小手毬
0

    連日お稽古でした。
    今日は台天目のお点前でお濃茶を点てました。
    左手から触れる、という決まりをどうも忘れがちになってしまう。上のお点前は一回するだけでかなりくたびれます。
    そして最近気付いたのですが、先生が私の時だけ手順を何も言ってくれなくなったんですね・・・。
    他のお弟子さんだと、お水一尺袱紗腰、とか、茶杓もって建水引いてとか、そういうのを事前に囁いてくれるのですが、私の時はほとんどなくて、最初のお道具をそろえるところから無言。先生が意識的にそうしてるのが分かるので、私ももう1●年先生の弟子をさせていただいて、当然のことなのかとも思ったり。でもそうすると間違えまくって怒られるんですよねー・・・。本当に先生の囁きがないと何にもできないんだと思って、今日はがっくりきました。もっとちゃんと勉強しよう、と後悔だけは一人前なんですけどね、続かないのさー_(:3 」∠)_。
    お薄は一客一亭でした。炉のお点前にようやく慣れてきたころに、風炉に変わってしまうんですよね〜。
    そして上のお花は小手毬(こでまり)とガーベラ、スターチス。
    小手毬は活けている間に白い花が咲き始めていました。今家で活け直したのですが、これが満開になると圧巻でしょうね。
    春めいたお花を玄関に飾ると、また心機一転、来年度も頑張ろうという気がしてきます。

    着物は昨日と同じ片貝木綿。帯まで同じはどうかと思って変えてみました。

    この名古屋帯は締めやすくて、油断するとこればっかり締めてるんですよね。
    個人的に春色コーデになったんじゃないかと思って満足しています。
    今月は一度もお茶会に行ってないので、来月のお茶会三昧に備えて柔らかものを着る練習もしようと思います。
    Check
    お茶 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶

    comment










    trackback

    ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/996