<< 南座 / 「最貧困女子」 >>
和歌山まで朱印の旅
0
    連休最終日は夫婦でドライブ。

    大阪府の岬町から和歌山に入りました。朝から釣人がたくさん。海は穏やかです。
    まず最初は、去年も行った淡嶋神社へ。

    ここは人形社としても有名で、雑誌にも不思議スポットとして取り上げられていますが、本来は医薬を司るそうで、婦人病治癒や子授け、安産を願う人々が多く訪れるところです。

    今日も人形はたくさんいました。受付で供養したい人形は預かってもらえます。無断で置いていく人もいるようで、そんなんしてたら罰があたるでぇ。
    お守りと朱印をいただいて、魚介を食べに満幸商店へ。ここも去年に来たところです。旦那がここのうにトーストの味が忘れられず、どうしても入りたかった様子。
    お話好きのおばちゃんたちが切り盛りしているお店で、昼はいつも満員です。行列ができるお店。

    10時前の微妙な時間帯なので、お客さんは私たちを含めて二組。でももう営業中なんですね。
    時間的にお昼ってわけでもないし、朝ごはんがまだお腹に残っているので、ウニトーストと焼き貝の盛り合わせを注文。

    焼きたての貝はプリプリのホクホクで、魚介スープがしみて美味でした!!網焼きで焼いているので、焦げ目も香ばしい。
    去年はコースを頼んで、鯛の湯引きやワサビスープ、しらす丼などをいただきましたが、今回はここで終了。
    昼は和歌山ラーメンを食べる予定なのです。
    そして、西国三十三カ所第二番目の紀三井寺。

    また階段か・・・。施福寺の時よりはましですが、うんざりしますねぇ。(-"-;)

    上り詰めると本堂が。桜の名所なだけあって、桜の木が本堂の正面を隠しています。今は冬なので枯れ木ですが、満開の時は本当に素晴らしい景色なんだろうなと想像。でも、その時は人も多いからね。心の中で絶景をいただきました。
    桜の木々に埋もれる寺って素敵ですねぇ。

    撮影自由の日本最大級木造千手十一面観音像。めっちゃ新品でした・・・。足元に独鈷が置いてあって、触れるとご利益があるとか。とりあえずさわっとこ!

    本堂の脇にあるベンチから海が見えました。
    そのまま今度は和歌山ラーメンで有名な井出商店へ。たまたま開店30分前に到着していたので並んだのですが、我々が先頭で、直ぐに後ろが並び始めました。人気なんですねぇ・・・。開店早々店内は寿司詰め状態。座って待つ客と、立ち待ち客がひしめきます。

    ラーメン前に巻き寿司と鯖寿司をいただく。

    特製中華そばを注文しました。
    がっつり醤油トンコツスープが細麺に絡んで美味。チャーシューにもしっかり味がついてました。日本一のラーメン屋に輝いたことがあるんだとか。流石です。

    そして次は粉河寺山門。ここは入山料がいりませんでした。

    粉河寺。石段が傾いていて、その上に乗って撮影したのでゆがんでいる・・・。
    裏にある産土(うぶすな)神社のお神楽が高らかに響いておりました。
    おちついた雰囲気のお寺でした。お線香の良い香りが漂う。

    参拝後は、茶屋でコーヒーと草餅のセットをいただく。しばしほっこり。三田村邦彦が昔取材で訪れたそうで、写真が飾られていました!「将軍家光一人旅」の三田村邦彦はかっこよかった・・・。若様ぶりが素敵で、小学生のわたしの心を奪って行った方です・・・\(^///^)/。
    そして一路、犬滝温泉へ。
    ここでほっこり湯につかって・・・と思っていたのですが、駐車場が満員状態。施設はこじんまりとしているのに、駐車場は第一、第二とあって、これで全員を収納できるのかと一抹の不安が。そして嫌な予感は的中。
    施設に入ると女湯はロッカーが足りず、脱衣所はすし詰め状態。
    そもそも脱衣所自体が狭く、ロビーには客が溢れかえり、子どもがたくさん。
    これではいつ入れるかも分からず、結局返金。風呂に入れず。
    年明け早々からなんだこの不完全燃焼は〜!ということで、JOYSOUNDでこの怒りを吐き出してから帰りました。
    初カラオケでした!チャンチャン。
    Check
    旅行 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶

    comment










    trackback

    ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/969