<< 北海道三泊四日その一 / 北海道三泊四日その三 >>
北海道三泊四日その二
0
    朝バイキング。
    勝手丼し放題でした。ご飯にイクラをのせて食べるのがこんなに旨いなんて(о´∀`о)幸せです。


    随時更新しまーす。

    網走監獄

    真面目に刑に服していると、自分のタオルが使えたらしく、白いのは支給のものなのだそう。

    大部屋が連なる。

    広さは六畳間くらい。
    向かいの独房が見えないよう、木の組み方を工夫しています。暖房効果もあったそう。
    ここは重罪人しか入らないそうです。現在の網走刑務所は刑の軽い犯罪者もいるそうですが、再犯者のみを受け入れているそうです。

    これは独房。
    完全遮断された個室です。寂しいっ!
    脱獄者対策のためにドアが鉄になっています。

    明り窓を目指して逃げる脱獄囚。
    木枠と鉄格子に味噌汁をこつこつかけて、木を腐らせ鉄を錆びさせて、監視官の覗き窓から逃げました。

    当時の脱獄囚の部屋が分かったので保存されています。
    ガイドさんが全部説明してくれるので、分かりやすいです。
    再びバスに乗り込み、昼御飯の場所へ向かいます。

    海〜。白鳥も飛来していますが、うまくとれませんでした。オホーツク海。流氷はもっと先だそう。

    網走水産で蟹尽くし御膳。

    毛蟹バラバラ事件。

    知床世界遺産センター・・・の道の駅で食べたソフトクリーム。生乳とコケモモ。
    知床の世界遺産は自然。



    神々しい感じ。
    たくさん鹿がいました。

    ホテルは大変落ち着いた感じで、お風呂も広々。豪華食事に舌鼓。

    まだまだ出てくるそうてす。

    お造り!

    寄せ鍋!

    カボチャの冷製スープ

    ソイの餡掛け。

    フィニッシュのご飯と蟹の鉄砲汁。
    そしてデザートは季節のフルーツ。


    ここのお風呂はナトリウム塩化泉。とろとろの肌触りと塩の味がします。
    ここは、一日目のお風呂よりかは小さかったのですが、それでもゆったりと入ることができました。
    源泉かけ流しの露天は雪がちらつく絶景でしたが、やはり、さ、寒い・・・。
    それよりも、結構宿泊客がいそうなのに、私が入るといつも誰もいないんですけど・・・。
    サウナも露天も一人で満喫。
    明日も朝風呂しまーす。
    Check
    旅行 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶

    comment










    trackback

    ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/961