<< チェーン店のあるある商法を見てきました。 / まだまだ暑い >>
充実した休日
0

    りんどうと菊、すすきです。
    いいですね〜。ススキはまっすぐに活けるのが良いそうで、こうやって高く聳えているのを見ていると、しみじみと秋を感じる今日この頃・・・。が、しかし家で活けた次の日はすすきが開いてしまって、風情が台無しに・・・。

    今日のお点前はお茶入れかざりと流し点でした。↑上のお菓子は「きせわた」。美味でした〜\(^▽^)/
    お茶入れかざりは古帛紗を出すタイミングを注意されました。持って帰るものの順番も危なかったです。
    流し点は袱紗の位置がお湯を入れる前と後で変わるところは炉のお点前のようで、他に、見繕いが先だとか蓋置の位置など、そこらへんをしっかり覚えておかなくてはなりません。
    でも、もう10月も近くなり、そろそろ中置きのお点前ですね〜。そして炉開きが近づいてくる。
    そうして、結局覚えたお点前の手順は再びリセットされていくのでしたチャンチャン

    ↑お稽古の帰りに所用で藤井大丸によりました。藤井大丸の横にある蕎麦屋さんの「かやくとじ」。美味でしたが、それよりこのとき卵のふわっふわ感がすごい!思わず写真に撮ってしまいました。
    ↓今日のお稽古もいつもの片貝木綿。この色と格子柄、買った時も一目ぼれでしたが、実際着てみると自分の顔色にとてもマッチしていて、こればかり着ています。でも流石に帯を変えました。
    この帯は、おび工房さんのすくい織半幅帯で「朧月と桔梗」です。これをお文庫にして今日は半日動いてました。朧月って春だよね・・・じゃあ、これって春も締められるのかしら・・・。でも月に桔梗だと秋かなあ。ってな具合に、よくわからないまま締めています。
    春は春で、もっとパステルな帯を締めたいな。

    この綿の着物はほぼ毎週着ているので、着物は干しっぱです。
    帯だけ一日干したらしまってます。
    明日はお煎茶のお茶会なので、また単の色無地を着まーす。
    Check
    お茶 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶

    comment










    trackback

    ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/932