<< 和歌山に行ってきた。 / 「ゴールデンスランバー」 >>
卵巣は順調なのだけれど・・・
0
    つい最近、人間ドックの結果で腫瘍マーカーの値が高かったので、行きつけの産婦人科で検査を受けてきました。
    子宮内膜症が再発した、ということでした。
    もともと完治する病気ではないらしく、前回の卵巣腫瘍の原因でもあり、一生これと付き合っていかなあかんのか、という感じです。ショックというものはほとんどありませんでした。もともと腫瘍ができやすい体質かもしれないとも注意されていたので、覚悟をしていたからかもしれません。それより、腫瘍マーカーの値が高い=癌とばかり思っていたので、正直ホッとしました。
    痛みは触診で少し響くかな〜、という感じです。生理の量もまだふつう。卵巣腫瘍で倒れる前は、平日に夜用を使うこともありました。突然ダバ―――!!っと経血が流れ出す感覚というのを感じることもあったくらいです。今はそんな感覚もなく、体調としてはそこまで酷いことはありません。生理が始まると腰痛と貧血がありますが、それは他の人もそれくらいの症状はあると思います。
    ただ、至急にポリープができて、内臓との癒着も再びあるとのこと。妊娠しづらいので、本気で妊娠をするのなら早めに手術を、とのことでした。手術は一日で終わるようです。できたら春休み中にしたいけどなあ。どうなるかなあ。
    妊娠についてもずっと保留にしてきました。できないならできないでいいかなあ、と思っています。必死になってまで欲しい、という気持ちが自分にはありません。できなかったらきっと後々の人生で「欲しかったな。」と思うこともあるでしょうが、子供を追い求める情熱が自分には無い。
    老後は寂しいのかなぁと思ったりもしています。
    とりあえず、身体を冷やさないように、職場では温かい飲み物を飲んでいます。さぼっていた生姜を再び料理に混ぜるようになりました。ウォーキングも再開。やっぱり倦んできた時に病気って発見されるものですね。
    日常はいたって普通に送れているので、あまり神経質にはならず、どうせ処方される薬も対処療法だし、温かい風呂にはいったり早めに寝たり、無理を重ねないように気を付けようと思います。

     
    Check
    卵巣腫瘍闘病記 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶

    comment










    trackback

    ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/906