<< 「永遠の0」 / 「月と蟹」 >>
「センセイの鞄」
0
    もっと早くに読んでればよかった・・・。この人の文章が好きです。よく擬音が出てくるのが印象的でした。繊細で柔らかい雰囲気の文体。
    わたしに感情移入するのか、センセイを応援しながら読むのか。ちょっぴりしんみりしてシリアスで笑いもある。人生ってそういうものだなぁ・・・。二人の気持ちが合わさっていく過程が微笑ましくて、それだけにあのラストは急に大切なものを失った気持ちで思わずツキコさんと一緒に涙をこぼしてしまいました。
    大切に読みたい本です。

    JUGEMテーマ:読書
    Check
    小説 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶

    comment










    trackback

    ・・・ トラックバック機能は終了しました。