<< 「掏摸」 / 「センセイの鞄」 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - * - * - * - - * スポンサードリンク
    「永遠の0」
    0
      国のために命を捨てるのは、日本人だけではありません。我々は天皇陛下のためという大義名分がありました。しかしアメリカ人は大統領のために命は捨てられないでしょう。では彼らは何のために戦ったのか。それは真に国のためだったということではないでしょうか。そして実は我々日本人もまた、天皇陛下のために命を賭けて戦ったのではありません、それはやはり愛国の精神なのです。          
      「愛している、とは言いませんでした。我々の世代は愛などという言葉を使うことはありません。それは宮部も同様です。彼は、妻のために死にたくない、と行ったのです。」 僕は頷いた。 伊藤は続けて言った。 「それは私たちの世代では、愛しているという言葉と同じでしょう」
      自分の生死を一切のしがらみなく、自分一人の意志で決めた男こそ、本当の男だったと思います。私も含めて多くの日本人がそうした男であれば、あの戦争はもっと早く終わらせることが出来たかもしれません。
      映画を観て、それがあまりにもひどい内容だったので、原作は本当にこんな駄作なのかと思って手に取った、というのが発端。しかし、原作は私の失望を払拭してくれました。映画で受けた一面的ななんちゃって戦争モノという印象は、多面的で人情的な深い物語として私の心に残ることになりました。
      まず、感動します。
      特攻、という時点でお涙頂戴になるのは仕方がありませんが、そんな表面的な涙で終わらないのがこの小説の深いところです。
      色んな戦争の本を読んできましたが、なんちゃって戦記ではなく、この本は、家族と国を心から愛した人間が主人公の、素晴らしい物語でした。
      あの時代に「生き抜く」という信念を持つことの困難さを再認識させられて、辛く思うのと同時に、あんな時代を二度と繰り返してはならないと強く思いました。
      内地に残された家族がどういう生活を送っているのか。家族に思いを馳せる搭乗員は当時たくさんいたと思いますが、それを言葉にするのを忌避しなければならない時代性、国家性というのは恐ろしいです。
      確かに、心から空戦が好きだった人も中にはいるでしょう。アイデンティティーの獲得は人それぞれです。ただ、あの時代はその「人それぞれ」が許されないという窮屈な時代でした。華々しく散るのが”男らしさ”だったんでしょう。
      また、そこここに作者の戦争観、マスメディアに対する批判がちりばめてあって、この本は批判書のようでもありました。ぐさりときたのは、戦争責任は大衆にもあるという指摘です。戦争を引き起こしたのは一部の政治家たちではなく、自分たちです。戦争は、我々の無責任な発言や無思慮な行いと、正しいリーダーシップの取れなかった人たちが引き起こした悲劇でした。
      指摘されてみると、現代はその当時の卑しい体制とほとんど変わりが無いように思えます。あの時代から我々が学び取ることはたくさんあると思います。
      宮部の「帰ってくる」という言葉は、肉体に関しては叶いませんでしたが、想いに関しては叶ったのだと思います。彼の息吹のかかった人間たちが生きている。生き永らえて、多生の縁が繋がっていく。そんなことも思わせられて、この小説は感動的なラストを迎えます。
      空戦ファンにもたまらないシーンがいくつか登場して、坂井三郎や西澤広義、太田敏夫、岩本徹三などなど、ほかにもたくさんのサムライが出てきます。有名なエピソードも盛り込まれていて、ファンにはそれもたまらないんですけど、やっぱり私は宮部の短くも濃く生きた人生に感動しました。
      名作です。


      JUGEMテーマ:読書
      Check
      小説 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶
      スポンサーサイト
      0
        Check
        - * - * - * - - * スポンサードリンク

        comment










        trackback

        ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/881