<< 新居に引っ越します! / 新居 >>
「舟を編む」
0
    三浦 しをん
    光文社
    ¥ 1,620
    (2011-09-17)

    この作家さんて、本当に言葉を使うのが上手だなあと思う。どんどん読まされてしまうので、あっという間に読了です。しかもめっちゃ面白かった。

    一冊の辞書、『大渡海』出版にいたるまでの13年にわたるドラマです。

    辞書ってこんな風にできあがるんだなあという興味深さと、一生懸命仕事をしながら、それぞれに悩み、突き進んでいく主人公達に惹かれてずっと読みました。

    「辞書は、言葉の海を渡る舟だ」
    「海を渡るにふさわしい舟を編む」
    生命活動が終わっても、肉体が灰となっても。物理的な死を超えてなお、魂は生きつづけることがあるのだと証すものー
    死者とつながり、まだ生まれ来ぬものたちとつながるために、ひとは言葉を生みだした。
    三浦さんの表現って好きだぁ〜。
    私も職業柄、言葉や辞書には気を使っていますが、こんな表現で言葉をとらえたことはないです。辞書が舟だとは。

    西岡や松本先生など、脇役も味があってとてもよかったです。
    西岡の軽薄っぷりときたらもう(笑)。でも、『大渡海』の売り上げが予想以上に伸びたのは、絶対西岡の陰の尽力だよなあと思うと、評価されない働きというものの大切さも思い知ることができます。
    仕事って、「こだわり」が大事ですよねぇ。

    自分にはまだそこまでの「こだわり」が無いように思います。毎日忙しく、楽しく仕事してるけど、「こだわり」があればもっと面白くなるのかなあと、この小説を読んでちょっと思いました。

    タグ: 三浦しをん 舟を編む
    Check
     (ま行)三浦しをん * comments(2) * trackbacks(1) * - - * moji茶
    スポンサーサイト
    0
      Check
      - * - * - * - - * スポンサードリンク

      comment

      今回も読みやすくてあっという間に引き込まれました。
      真っ直ぐな小説でユーモアもあり、とてもたのしく読めました。
      トラックバックさせていただきました。
      トラックバックお待ちしていますね。
      藍色 * 2015/10/06 4:05 PM
      TBありがとうございました。
      三浦さんの本はどれも好きですが、特にこの本は感動しました。
      moji茶 * 2015/10/07 2:10 PM









      trackback

      ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/805
      玄武書房に勤める馬締光也は営業部では変人として持て余されていたが、新しい辞書『大渡海』編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられる。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく。しかし、問題が山
      「舟を編む」三浦しをん * 粋な提案 | 2015/10/06 4:02 PM