<< 「蟲師」6・7 / 「蟲師」8・9・10 >>
たらいまわし本のTB企画 第46回「つい、うっかり」
0


    第46回「つい、うっかり」





    本にまつわる貴方の「つい、うっかり」なエピソード
    または、
    「つい、うっかり」が描かれている本を教えてください。
    例えば、本を読んでいたら電車を乗り過ごした。表紙だけ見て本を大人買いした。アマゾンを見ているだけのつもりが購入ボタンをクリックしていた…。そんな「つい、うっかり」エピソード。あるいは、「裸足でかけてく、陽気な♪」彼女など、「つい、うっかり」なトボケた登場人物は、小説やマンガの物語を転がす重要なキャラクターとして人気者。そういった人物や事件が登場する本の紹介でもOKです。
    気がついたらもう4,5年もこの企画に不参加でした。その間、転職したり結婚したり入院したり、色々あったなあ(しみじみ)。最近、また本を読むようになって、本好きさんのブログを回っていたら、この「たらいまわし企画」を偶然発見。懐かしくて参加してしまいました。 というわけで、私の「ついうっかり」な本はこちらです!!

    うっかり人生を思い切ってしまった女たち
    くうねるところすむところ (文春文庫)
    平 安寿子
    文藝春秋
    売り上げランキング: 290681




    主人公は二人。夫にフィリーピーナと浮気され、ズバっと離婚を言い渡したはいいが、夫の社長業を引き継がざるを得なくなって焦るオバサンと、長年の不倫に終止符を打とうと迷う副編集長アラサー女が登場します。うっかり思い切ってしまったせいで(おかげで?)180度違う人生を歩むことになった女性達の物語で、とても面白かったです。この作家さんの書くアラサー女性が好きでたまりません。

    うっかり笑ってしまった本
    ザ・万歩計

    ザ・万歩計
    posted with amazlet at 12.02.05
    万城目 学
    産業編集センター
    売り上げランキング: 262232




    内容は万城目さん独特の視点から日常をみたもので、小さい笑いが連発です。
    特に「御器囓り戦記」は秀逸でした。私もかなりヤツらとは戦いましたが、彼のような壮絶なGとの戦いは聞いたことがありません(笑)。東京って恐ろしいところ!!と思ってしまいました。
    そして、彼のゴキ戦記「Gの悲劇」は題名からして壮絶にキモいです。
    「真の大人になるということは、ゴキブリを責任もって倒せることだ」と万城目さんは言います。
    まさにその通りだ・・・!!と心から共感していた自分も、今になるとどうかしてたと思います(汗)。

    うっかり主人公に惚れてしまった本
    遺失物管理所 (新潮クレスト・ブックス)
    ジークフリート・レンツ
    新潮社
    売り上げランキング: 458234
    Check
    たらいまわし * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶

    comment










    trackback

    ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/781