<< 「DIVE!! 3 SSスペシャル’99」 / 「ヤコブセンの家」 >>
「僕たちの戦争」
0
    僕たちの戦争
    4575235016荻原 浩

    双葉社 2004-08
    売り上げランキング : 65,555
    おすすめ平均star


    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    これって評価が分かれると思います・・・
    わしはちょっとんん〜?てかんじで最後までのめりこめませんでした。
    人間魚雷だっつうから読んだんですけど、ちょっと設定もとっぴすぎるし主人公も軽すぎる・・・。
    全体としてうまくまとまってるな〜ってカンジですけど。
    話はよくまとまっていて読みやすい。ただそれだけ・・・・?

    わしだったら、主人公は特攻隊員という設定よりは整備兵とかにして、戦後生き延びて結婚しておじいちゃんになってから、平成のミナミに出会い、真相はつげずになにげない会話で去っていく・・・みたいなふうにしたな。(←ケチつけてます
    でも、健太の性格設定に「バカ」というのがあるみたいなので、彼のこの生き方は自分の狭い目線なりに精一杯生きたのかなぁと思います。
    一応「人のために」という意思はつたわってきますから。

    うーん・・・タイムスリップは「ジパング」で読んでたし「戦国自衛隊」もあるしなー。この本を最初に読んでれば感想も違ったかも。
    「人間魚雷の娯楽小説」といった感じですかね。主題もつかみにくい。だからって非戦をひたすら訴えられるのもあきあきですが。
    あ〜残念です。この人、普段は面白い娯楽小説を書きそう。この作品だけ合わなかったということにしたいです。

    ちなみにわしが回天でよかったと思う作品を紹介。夏だし終戦記念に読むのも一興かと。
    そして一驚してください。
    ああ回天特攻隊―かえらざる青春の記録
    4769820666横田 寛

    光人社 1994-10
    売り上げランキング : 186,126

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    回天特攻隊の生き残りの人が書きました。彼は回天に青春をかけて生きました。これだけ精神が充実してたら死ぬのも怖くない・・・?

    人間魚雷―特攻兵器「回天」と若人たち
    4103491019鳥巣 建之助

    新潮社 1983-01
    売り上げランキング :

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    これは回天をもうちょっと客観的に、特攻隊員や背景の歴史にも注目して書かれた本。勉強になります。

    どれも画像が出ない・・・マニアックでゴメソ(-L- )
    若者がいかに日本の未来を憂ていたか。どんなに一生懸命死ににいったか。こんなに必死に死んでいった若者達を見ていたら、「終戦」を認めず基地に立てこもった小園さんたちの気持ちもわからなくもない・・・です。「国を守る」と飛んでいった仲間達の意味がなくなるし。無駄死にですか?
    送り出す身としてもなんのために特攻をさせたのか意味を失いますからね。申し訳なくてしょうがない。徹底抗戦から無条件降伏なんて極端すぎる。そんな変化に疑問や怒りを抱く人がいたっておかしくない。
    だったら原爆が落ちる前、特攻作戦をさせる前に終戦してろよとか思うと腹が立ってしょうがないので今日は早めに風呂にはいって寝ます。ムグウ
    Check
     (あ行)荻原浩 * comments(6) * trackbacks(1) * - - * moji茶

    comment

    moji茶さん、こんにちは♪ 読まれたのですね『僕たちの戦争』。 取りようによっては中途半端な作品なのかもしれませんね(*^_^*) TBさせていただきましたが、直木賞アンケート実施しております。 お時間がありましたら是非一票お願いできたら嬉しく思います。
    トラキチ * 2005/07/09 12:34 PM
    こんにちは〜(´∀`) 新聞で紹介されてましたこともあって読みましたYO! 私は「すごくいい作品だ!」とはいいきれませんたが、この本によって戦争を考える人が増えてくれたらと思います。読みやすいし。 >直木賞 未読本が多いので必然的に投票も狭められるのですが・・・(-L- ) 森絵都さんにこれからも頑張って欲しいので一票入れました!
    moji茶 * 2005/07/09 5:53 PM
    moji茶さん、こんにちは♪ 先日は直木賞アンケート、ご投票ありがとうございました。 森さん残念でしたが、初文庫の『アーモンド入り〜』がかなり売れているみたいですね。 私も実は、ブックカバー欲しさに買おうと思っております(*^_^*) それではこれからもよろしくお願いします。
    トラキチ * 2005/07/17 1:26 PM
    >トラキチ様 こんにちは〜 直木賞残念でした〜。でも誰が選ばれても文句なしのエントリだったのでしょうがないですね。(´∀`) 『アーモンド入り〜』最近文庫が出ましたね!ハードカバーとはまた違った感じですけど、またまたとても綺麗。 見た目重視の私もかなり揺れております! こちらこそこれからもよろしくお願いします〜
    moji茶 * 2005/07/18 9:22 AM
    こんにちは。トラックバックさせてもらいました。 まあ確かにSFとか、戦争ものとか思うと、中途半端だなあと思いますけど、 なんかラストがよかったのでいっか、みたいな感じでした。 それにしても健太は軽すぎましたね。 空襲あってるのに「スターどっきりマル秘報告」のわけないやろー、とつっこんでみたり。 いくらゲーマーでもそこまで現実感ないもんかなー、とか。そういう些細なことも気になりましたけど(笑)
    ざれこ * 2005/08/24 7:40 PM
    こんにちは! 夏だし戦争モノは一冊くらい読んでおかないと・・とおもって私は読みました。 全体としてはいいんですけどね〜。健太・・・軽すぎ! 悲惨さをうったえるだけの戦争モノもあれですが、これはこれで軽すぎるのでは・・・となんだか複雑でした。
    moji茶 * 2005/08/26 6:19 PM









    trackback

    ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/77
    僕たちの戦争荻原浩著出版社 双葉社発売日 2004.08価格  ¥ 1,995(¥ 1,900)ISBN  4575235016根拠なしポジティブのフリータ...
    『僕たちの戦争』 荻原浩 (双葉社) * 活字中毒日記! | 2005/07/09 12:29 PM