<< 「虐殺器官」 / カレー部 京都市内編 >>
「大奥」1・2
0
     映画にもなった超有名作品ですね。とうとう買ってしまいました。

    一巻は、8代将軍吉宗の時代から始まります
    3代家光公の時代から流行した疫病で男がほとんど死んでしまい、女が社会の中心になったという設定で、吉宗公は倹約第一の、化粧っ気のない、武芸に秀でた女性です。
    主人公は貧乏旗本の祐之進。大奥に入って親孝行でもしようという軽いノリ・・・。
    でも超美男子なので、大奥に入った早々嫉妬やら羨望やら襲われたりとか色々。

    時代背景にも配慮があって、無茶苦茶な設定という感じは受けず、結構すいすい面白く読みました。一巻は読み切りみたいな話でした。面白かったです

    2巻目からは吉宗公が3代家光公の公式記録を読み解いていく・・・と言う設定で、家光公の時代、大奥の発祥から物語が始まります。

    悲劇の将軍家光と、突然の拉致にあった有功ことお玉。この2人の感情が交差し合う、切ないシーンで2巻は終了。ええい!続きが気になるではないか!
    というわけで3巻も読みたいです

    わがままで残酷な上様ですが、身の上を知ってしまうと憎めない。
    かわいそうな女の子。この子が今後どうなっていくのかが気になります
    Check
    漫画 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶

    comment










    trackback

    ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/710