<< 「せやしだし巻き京そだち」 / 「いのちの選択」 >>
「恋文の技術」
0
    森見 登美彦
    ポプラ社
    ¥ 1,575
    (2009-03-05)
    Amazonおすすめ度:

    文通が物語の主体となってます。
    森見さんの小説のキャラクターは面白いですね(笑)。
    四畳半神話体系の登場人物達が多作品にも登場し、 森見さんの出版物はすべてで1つの物語。
    今回の話はパンツ番長の恋を人知れず応援していた守田氏が主人公です。

    守田・・・?そういや森見さんのどこかの小説で、京大の大学院から福井県の実験所にとばされてクラゲかイルカの雌とできてるとかなんとかいう奴がいたな・・・。

    と思ったらそいつが主人公だった(笑)。

    文通で、相手の文章はありません。守田氏が書いて、その返信にまた書くというスタイル。
    森見さんの独特の文章が手紙になってまたおもしろおかしく読めます。

    文通の果ての守田氏の成功を祈ります。
    Check
     (ま行)森見登美彦 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶

    comment










    trackback

    ・・・ トラックバック機能は終了しました。