<< 「浮世の画家」 / 「うめめ」 >>
「ハリーポッターと死の秘宝 上下」
0
    ネタバレしてますよ。




    ダンブルドア先生生き返らなかった〜。
    わしはてっきり不死鳥の力で生き返ると思ってたんですよ。トホホ。
    シリウスも「ハリー、今まで夢を見ていたようだ」とか言って復活。
    そしてシリウスとハリーのあははうふふな生活がゴホンゲフン。かないませんでしたねえ・・・。
    でもハリーは生きてくれてよかった。
    ヴォルデモートもきっちり死んだしスッキリした終わり方でした。
    マルフォイもかわいそうだったけど、これからは異常な嫌がらせや揚げ足取りはなくなりそうですね。

    ハリーって17歳になったんだ・・・・。上巻を読んで思ったのはまずそれ。
    そういえばわしが「賢者の石」を読んでから結構たつんだなあ。長かった・・・。
    ハリーよりも自分にしみじみきた。(笑)

    前作品のあらすじをほぼ忘れていたため最初はジニーって誰だっけと思いました(オイ)。
    しかも知らない間にキスとか!キャー!でも17歳っていったら高2くらい?
    まあ・・・キスくらいするか・・・。(´∀`;)

    それにもましてロンとハーマイオニーのラブラブっぷりといったら・・・。
    「秘密の部屋」で熱烈にキスをかます二人。
    ドン引きのポッター。なんか下巻はハーマイオニーとロンの2ショット多いです。

    そしてスネイプの淡い恋物語。もはやストーカーです。
    そんな小さいころからハリーのおかんに恋を!!
    知りたくなかった(笑)
    しかもちょっと自分が原因でペチュニア姉ちゃんとリリーは仲が悪くなってるじゃないか。切なすぎる。
    嫌な奴だと思ってたけど、ここらへんの件を読んでいると、彼はどこまでもすることが裏目に出るという気の毒な人でした。めっさ誤解されてるやん(泣)。
    リリーはまったくスネイプの好意に気づいてないし。気づいてたとしても多分性格はあわないだろう。
    意外とハリーの人生に食い込んだ人物で驚きです。その純愛ぶりも・・・。

    そしてこの作品のヒーローじゃドビーとネビルだ。
    今作品で一番の漢かもしれない・・・。
    特にドビーは死んじゃったので残念です。ネビル最後かっこよかった。きちんと仕事をやる子ですよ。

    しかし19年後というのはまたベタな感じになったなあと思ったんですが、ハリーの子どもがアルバス・セルブスという名前なのはちょっとじーんと来ました。

    長々書きましたが、わしにとってこの最終巻は「スネイプ先生よかったね」です。
    スネイプ先生なんとなく目が離せなくて、キモくて陰湿でかなり好きでした。
    心の底からネクラだけど、いい人で、ハリーの(リリーの?)味方でいてくれて本当によかったです。7巻で終わるのは残念だけど、ここまで読んだらお疲れ様、ですね。
    「アル・ポッター」とか出ませんように(笑)






    Check
     その他海外小説 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶

    comment










    trackback

    ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/534