<< 最近聴いてる曲 / ハイドアンドシーク >>
「愛しの座敷わらし」
0

    評価:
    荻原 浩
    朝日新聞出版
    ¥ 1,890
    (2008-04-04)
    ホテルで読破☆
    かなり面白かったです。和やかにほのぼのと読書させてもらいました。
    生まれてすぐに家族になるわけじゃない。一緒にいるから、家族になるのだ。東京から田舎に引っ越した一家が、座敷わらしとの出会いを機に家族の絆を取り戻してゆく、ささやかな希望と再生の物語。朝日新聞好評連載、待望の単行本化!
    ↑のアマゾンの書評を読むと、涙と感動系のお話のようですが、基本ギャグだと思います。
    小さい笑いが常にあって、その合間に超かわいい座敷わらしちゃんが現れる。
    そんな座敷わらしちゃんに翻弄される家族が面白い。

    登場人物全員憎めないしこの家族ヤバイ。全員好きだ!
    お父さんの切ない転勤に付き合わされて、不便極まりない田舎暮しをはじめる家族ですが、一人一人の人生が謎の幽霊?によって徐々に変化していく。
    座敷わらしのおかげというよりも、皆の心がけ次第で運てかわってくんじゃないかなあ。
    結局あの子は座敷わらしだったのか?まあとりあえずかわいいし、いっか・・・な家族に癒されます。愛しの座敷わらしよ、彼らと共に幸あれ!(^O^)/
    Check
     (あ行)荻原浩 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶

    comment










    trackback

    ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/528