<< テーマは「葬式」 / 別冊図書館戦争 1 (1) >>
赤朽葉家の伝説
0
    評価:
    桜庭 一樹
    東京創元社
    ¥ 1,785
    (2006-12-28)
    「山の民」に置き去られた赤ん坊。この子は村の若夫婦に引き取られ、のちには製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれて輿入れし、赤朽葉家の「千里眼奥様」と呼ばれることになる。これが、わたしの祖母である赤朽葉万葉だ。――千里眼の祖母、漫画家の母、そしてニートのわたし。高度経済成長、バブル崩壊を経て平成の世に至る現代史を背景に、鳥取の旧家に生きる3代の女たち、そして彼女たちを取り巻く不思議な一族の血脈を比類ない筆致で鮮やかに描き上げた渾身の雄編。2006年を締め括る著者の新たなる代表作、桜庭一樹はここまで凄かった!

    め、めちゃくちゃ面白かった・・・。
    今年一番かもしれん。
    今のところ、この作品がダントツで好きです。

    時代の激流にのまれながら不思議な人生を生きた”万葉”とその子孫達。
    女三代記なんて書くと安っぽくなるので書きません。
    万葉 毛毬 瞳子 の三人の人生と日本の成長、衰退という歴史の狭間で連綿と受け継がれていく赤朽葉家の血筋。
    特に毛毬の人生は彼女のバイクと同じであっという間に過ぎていった。
    短くも激しく充実し、歪で奇妙な人生。
    彼女の気迫に引き込まれるようにぐいぐい読んでしまいました。
    ページを繰る手にも熱がこもる。なんかすごい女の人だったなあ。
    でも一番好きなのはやっぱ万葉さんかな。
    なんか色黒とか山女の顔とかそんな表現ばっかりでしたが、わしの脳内でははかない印象です。静かで大人しやかな人。最後まで気の毒だった。

    今まで一度も桜庭さんの本を読んだことがないので挑戦のつもりで読みました。
    こういう小説を書く人だったんかあ・・・。
    こんないい本よんじゃった後は余韻が長いからまたしばらく読書しない日が続くんだよ。
    悲しい

    Check
    小説 * comments(2) * trackbacks(0) * - - * moji茶

    comment

    森見登美彦の記事を追っているうちに、このサイト?にたどりつきました。
    プロフィール、最後まで読みました。とても面白かったです。
    桜庭作品に対するコメントは参考になりました。今まで、なかなか踏ん切りがつかなかったんですが、読む気になりました。もう一つの桜庭作品は気になっていたのですが、なかなか手を出す気になりませんでした。やはりと言うことで、やめておきます。
    これからもチェックさせていただきます。いい記事期待してます。

    鹿 * 2008/07/23 11:48 PM
    どうもはじめまして。応援ありがとうございます。これからもどしどし読んだら書いていきます(´∀`)ノ
    森見さんの小説面白いですよね!早く新刊でないかなあ。
    プロフィール読まれましたか。強者!(笑)
    自分でも良く書いたなあと思うのでもったいないからそのままにしてあります。
    赤朽葉家は結構新鮮な読み心地がありましたねえ。切ない万葉の気持ちが最後の最後にわかってすごく悲しい。
    桜庭さんの作品にはちょっと波があるのかなーという感じです。
    moji茶 * 2008/07/24 9:13 PM









    trackback

    ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/513