<< 有頂天家族 / 何処に >>
神の守り人<来訪編>
0
    守り人シリーズもようやく折り返し地点まできたかな、という感じです。
    一月入って結局二冊しか読めませんでした〜悲しい
    あの女用心棒バルサが帰ってきた。助けてしまった謎の美少女アスラは神の子か、それとも災いの子か。バルサは逃げる逃げる…。精霊界と人界が交錯する物語、守り人シリーズ。
    ↑のアマゾンのあらすじ説明がちょっと笑える。「あの〜帰ってきた」とかベタすぎるんですけど・・・。「助けてしまった」というのは結構いい表現だと思いました。(笑)
    アスラを助けたバルサの気持ちがちょっとわかりづらかったな〜。
    あれよあれよと巻き込まれてしまいました。
    バルサは自分とアスラを重ねて見ているのかな?しかしあんな力を持っているアスラをそこまで守ろうとするのもちょっと納得しかねたり。
    今回はそこらへんにこだわってしまいました。

    アスラの持つ力っていったいなんなんでしょうね。今回は二冊につづいてびっくりですがあっという間に上巻は読めたYO
    罠にはめられたバルサとアスラ。それを追うタンダ。敵か味方か微妙なスファル。
    スファルの娘むかつきますね。バルサにけられてラッキー(おい。
    なんとなく万事無事にすべておわると信じているので、とりあえずあのむかつく娘をなんとかしてほしいです。(´∀`)

    ところでタンダとバルサがラブラブな感じで、個人的にとてもうれしいです・・・。
    バサラは堂々とタンダを「大事な人」と言ってるし。そのままうまくいってほしいなあ。
    Check
     (あ行)上橋菜穂子 * comments(0) * - * - - * moji茶

    comment