<< 「文明の衝突」 / 「本の愉しみ、書棚の悩み」 >>
「西の魔女が死んだ」
0
    ふとした拍子に学校に行かなくなってしまったまい。
    父親も母親も大事にしてくれるし信頼もそれなりにあるけどなんだか頼りない・・・
    具体的になにかあるわけじゃないけど、漠然とした虚無感が主人公をつつみます。
    そんなまいが祖母の家に行くことになって・・・・

    おばあちゃんは「魔女」とあだ名されるほどなんでも知っている人。
    彼女がら得たものは知識いじょうに気持ちの面が強かったんでしょう。口だけじゃない強さとかあたたかさがある人かな。特にああしろこうしろ、といわないのに、ただそこに居るだけで指標になる人。
    ステキですね。

    ただ、わしはこの手の話結構読んでるんで・・・パターンとしてありがちかな・・と思ってしまいました。スマソ
    Check
     (な行)梨木香歩 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶

    comment










    trackback

    ・・・ トラックバック機能は終了しました。