<< 「勉強ができなくても恥ずかしくない」 / 「温室デイズ」 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - * - * - * - - * スポンサードリンク
    「さわりで覚えるクラシックのピアノ名曲50選」
    0
      さわりで覚えるクラシックのピアノ名曲50選
      楽書ブックス編集部編
      楽書舘 (2005.5)
      通常1-3週間以内に発送します。

      CD二枚付きで全50曲くらいの超有名なピアノ曲が網羅できます。
      モーツアルトやショパン、シューベルトかららラヴェルやラフマニノフ、サティまで。
      作曲家のエピソードなども載っていて、それなりに楽しめるのですが、ちょっと物足りない・・・。クラシックファンにとってはいまさらな説明が多いし、初心者にとってはもうちょっと詳しい解説とかが欲しいかも。
      演奏も・・・わしは偏屈だからそう思うのかもしれませんが・・・。

      辛口トークなので以下隠します。偏屈につきあって頂ける方だけどうぞ。いやん。


      「名作品集」と銘うっているので、王道な曲が多いですが、時々こんな作曲家出すんだったらもっと王道の作曲家と曲があるだろ?と言いたくなりました。
      結局この著者の好きな曲集みたいな感じになっています。誰もお前の好みなどきいていない・・・・。そんなのブログかなんかでやれYO。

      CD二枚の演奏もあんまりで、退屈でした・・・わしの好みではありません。音響が悪いのか?
      この曲を聴いてクラシックファンになる人はまずいないでしょう・・・。ピアノを習っている子のためのお手本、といった弾き方で、すっごく物足りない。シューベルトとかあまり得意じゃないのなら弾かないで欲しいです・・・。やたら1音1音真面目に弾いてるかと思えば、その音そんな感じに切っちゃっていいの・・?とか思う箇所もあったり。
      わしが既に他の演奏家の解釈にハマってしまっているからかもしれませんが。

      まあ1500円程度の本に収めようと思うとそうなるんでしょうね。
      Check
      実用書 * comments(0) * trackbacks(1) * - - * moji茶
      スポンサーサイト
      0
        Check
        - * - * - * - - * スポンサードリンク

        comment










        trackback

        ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/333
        片手のためのピアノ曲とは、右手もしくは左手だけで演奏する曲である。片手の強化や、片手が使えない人のために書かれたもので、音域、演奏効果などの問題から左手用のものが圧倒的に多い。片手のピアノ曲は、カール・フィリップ・エマヌエル・バッハなどが練習曲として
        クラシックのうんちく * クラシックのうんちく | 2007/03/19 3:44 PM