<< YONDA?百枚 / 「六番目の小夜子」 >>
「夜のピクニック」
0
    夜のピクニック
    恩田 陸著
    新潮社 (2006.9)
    通常24時間以内に発送します。

    恩田陸さんて女性だったんですね・・・宮部みゆきと親戚か何かかと思うくらい似ている!
    もうすぐ映画公開ということで、急いで読みました。
    内容(「BOOK」データベースより)
    高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために―。学校生活の思い出や卒業後の夢などを語らいつつ、親友たちと歩きながらも、貴子だけは、小さな賭けに胸を焦がしていた。本屋大賞を受賞した永遠の青春小説。

    歩行祭、本当にあると面白いだろうなあ。
    夜の行進なんて今の時期はかなり風情がありそうです。
    ギグシャクした人間関係をなんとかしてみようと賭けをする貴子は勇気があるなあ。わしは融みたいに考えるだけで受け身なまま終わってしまうと思う。
    この子達の年だったころ頃、わしは勇気を出して何かしたことがあったっけなあ・・・と昔を思い出してみる。
    ・・・授業中友達の教科書にパラパラマンガを描いたりホモ漫を回し読んだり。第一希望に東大、第二希望に京大と書いて担任に呼び出されたこととか、買い食いが見つかって担任に次の日遠足に行くバスの中でげんこつをくらったり。
    しかもその時の担任の怒声が「見つかるなボケ!」だったな・・・

    わしの青春って・・・(-L-)

    この小説の青春は爽やかで、清々しくて、ゴールを目指しながら繰り広げられるプチドラマの数々をまぶしい思いで見守ることができました。
    こら映画になるのもわかるなあ。主演の女の子が小説のイメージ通りだったので、是非観に行きたいです。
    Check
     (あ行)恩田陸 * comments(4) * trackbacks(3) * - - * moji茶
    スポンサーサイト
    0
      Check
      - * - * - * - - * スポンサードリンク

      comment

      こんばんは
      歩行祭・・・ホントにありました。。うちの高校。
      でも、名前は「夜行軍」でした。(泣)
      ちっともロマンチックな事は起きんかったし、しんどくてあんなに全然しゃべんかったけど、夜の星はとーーっても綺麗でした。
      TBさせてもらいましたよん。

      スレ違いで悪いですが、「光の帝国」、「六番目の小夜子」、私も好きです。小夜子、かっこええね。
      吉田秋生の「吉祥天女」の小夜子のイメージです。
      光の帝国は、しまう人が人気ですね。(*^。^*)
      ワルツ * 2006/09/19 10:20 PM
      >ワルツ様
      TBありがとうございました。
      そして・・・
      えええええ!本当にあるもんなんですね!
      そして名前がいかめしい(笑

      晴れていれば最高の行軍ですよね。
      今頃恩田陸が面白いことに気づいてしまいました。
      「吉祥天女」も懐かすぃ・・・
      怪しげな雰囲気が似てまする。

      しまう人の家族がいいな〜と。ほんわか家族で嬉しいです。しまうだけじゃなく、響く力も不思議で、もっともっと彼らが知りたくなってしまう。
      超能力ラヴ。

      moji茶 * 2006/09/20 8:15 AM
      恩田さんにハマってらっしゃいますねっ。
      どこにコメントしようかと迷ったんですがこちらに。
      この作品大好きなんですもん。
      ワルツさんの高校にもそういうイベントがあったんですねー!
      恩田さんの出身高校にもあったそうだし、
      他にも「うちにもあったよ」って方がいたんです。
      案外あるものなのかもしれないですね。
      うちの学校は全然だったけど…(^^;。

      恩田さん、色々読んでくださいね。
      私が一番好きな作品は「黒と茶の幻想」なんです。
      これもいずれぜひー!(次点が「夜のピクニック」)
      あ、でもこれを読む時は、先に「三月は深き紅の淵を」を
      読んでおいた方がいいかもです。
      「麦の海に沈む果実」にも繋がる作品ですし〜(^^)。
      四季 * 2006/09/25 8:25 AM
      そうなんです!いま恩田陸が熱い!
      何から読もうと迷ってしまって棚の前でウロウロしています(笑
      今読んでいるのは「図書室の海」。
      「上と外」も気になってます。
      「麦の海に沈む果実」に繋がっているという「三月は深き紅の淵を」も気になりますね。
      うおおお気になる本が多すぎてやはりウロウロする!
      「麦の〜」はだいぶ前に読んだんですけど。
      恩田さんの作品て結構つながりものが多いですね。
      moji茶 * 2006/09/25 12:41 PM









      trackback

      ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/291
      夜は人の心に魔法をかける。ふだん言えないことが言えてしまう。自分の秘密を人に話したくなる。 あんまり好みのタイプではない男性なのに、夜の車の中だと、ちょっとイイ男に見えたり。(すみません。若気の至りです)
      恩田陸【夜のピクニック】 * ぱんどら日記 | 2006/09/18 12:32 PM
      ◆ 恩田陸 著 『 夜のピクニック 』を 読み終えて・・・驚く!  ちょろいもさんの紹介で、読んだのですが、びっくりしました。(@_@) これ、うちの高校の事とちゃうん???(つい高校生言葉に戻ってる) 「歩行祭」なんて、かわいい名前じゃありませんけど・・
      恩田陸 著 『 夜のピクニック 』 を 読み終えて * ワルツの「うたかた日記」 | 2006/09/19 10:21 PM
      タイトル:夜のピクニック 著者  :恩田陸 出版社 :新潮社 読書期間:2006/10/10 - 2006/10/12 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 夜を徹して八十キロを歩き通すという、高校生活最後の一大イベント「歩行祭」。生徒たちは、親しい友人と
      「夜のピクニック」恩田陸 * AOCHAN-Blog | 2006/10/30 9:20 PM