<< 「冷たい密室と博士たち」 / 「リセット」 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - * - * - * - - * スポンサードリンク
    「図書館戦争」
    0
      図書館戦争
      図書館戦争
      posted with 簡単リンクくん at 2006. 8.31
      有川 浩著 / 徒花 スクモイラスト
      メディアワークス (2006.3)
      通常24時間以内に発送します。

      公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として「メディア良化法」が成立・施行された現代。超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館! 狩られる本を、明日を守れ! 正義の味方、図書館を駆ける!

      かなり行き過ぎの小説のような気もしますが、メディア規制は現実のことだし、「図書館の自由に関する宣言」も取り扱う個人により微妙なのが現在です。
      誰がどのような本を読もうと勝手だし、自分がどんな本を読んできたか、他人に調査されるのなんて虫酸が走ります。
      昔本屋でバイトをしていたとき、PTAがエロ本を棚に並べることを抗議してきたことがありました。「小学生が学校帰りに読んでいるらしい」だって。いやいや、そんなエロ本を立ち読みするような子どもに育てた自分をまず見直してくださいよ、と言いたかった・・・。ていうかエロ本読んで何が悪いねん。
      おまえの子どもは一生セックスせんのか!
      自分と明らかに違う人種と出会ったときの猛烈な無力感・・・・。
      「話せばわかる」は嘘だと思った瞬間でしたね。
      そんなわしのエスカレートした気持ちにピッタリの本です。もう武装でもなんでもして守ってください。(笑
      突拍子もないけれど、それが有川浩なのか、と受け流して読みましょう。
      図書館司書の話かと思ったけど自衛隊図書部みたいな感じです。
      図書館の王子様(!?)に憧れて図書特殊部隊に所属しちゃった男勝りな主人公。自分の教官をチビとののしったり、頭より体が行動したりとそこはありがちな設定ですが、お約束通りなので不安なく楽しめます。王子様の正体もベタです(笑。
      そして微妙に図書館法とかまじっていてうまいです。
      ほどよくギャグあり恋愛あり、テンポもいいしスイスイとっても楽しんで読めます。
      この夏最大の娯楽小説でした。

      ああスッキリした。
      Check
       (あ行)有川浩 * comments(2) * trackbacks(5) * - - * moji茶
      スポンサーサイト
      0
        Check
        - * - * - * - - * スポンサードリンク

        comment

        moji茶さん、おはようございます。
        ほんとすごい娯楽作品でしたねー!!
        王子様とか主人公の造形がベタなのがまたGood。
        お約束通りっていうのも逆に楽しかったり。
        王子様の正体だけは、もう少し早い時点で
        さらっと流しておいてくれても良かったかも、ですが。
        続きもぜひ読みましょー♪

        あ、でもmoji茶さん、カテゴリが…
        有川さん、女性なので…(ひそひそ)
        四季 * 2006/09/25 8:18 AM
        え、有川さんて女性だったんですか!!
              ↑
             失 礼

        てっきり男の人が書いた作品だと思いました・・・。(汗
        初有川作品でしたがとても面白かったです。
        ベタな展開も安心して読み進められるし。
        続きも気になります。
        moji茶 * 2006/09/25 12:38 PM









        trackback

        ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/278
          [amazon] [bk1] [amazon] [bk1] 昭和最終年度に成立・施行された、公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を取り締まる法律「メディア良化...
        「図書館戦争」「図書館内乱」有川浩 * Ciel Bleu | 2006/09/25 8:07 AM
        「図書館戦争」有川浩/著(メディアワークス刊) 一、図書館は資料収集の自由を有する。 二、図書館は資料提供の自由を有する。 三、図書館は利用者の秘密を守る。 四、図書館はすべての不当な検閲に反対する。 図書館の自由が侵される時、我々は団結して、あくま
        有川浩 『図書館戦争』を読む * 怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】 | 2006/10/18 1:15 PM
        有川 浩 図書館戦争 [要旨] 正義の味方、図書館を駆ける!―公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館!狩られる本を、明日を守れ。 本に一日を
        図書館戦争 * 乱読日記 | 2006/11/03 10:06 PM
        血や涙や汗は本の中だけ、平和で静かな読書人たちが集う図書館で、「戦争」とは何ゆえに!? 表紙イラストからして穏やかならぬこの本は、読んでみれば胸キュンの一大エンタテインメント小説であった。 この本をお勧めくださっ
        有川浩【図書館戦争】 * ぱんどら日記 | 2006/11/13 3:02 PM
        この本は、本屋大賞にもノミネートされる位に、本好きに支持されている作品です。 私もずっと気にしていたのを、一気読みしてしまいました。 主人公の郁が本の為と、一目ぼれしてしまった人を追いかけて、図書館隊に入って本を守る戦いをする話と言うと、そのまんま
        図書館戦争 * 本を読もう | 2007/05/09 8:52 AM