<< 「すべてがFになる」 / 「図書館戦争」 >>
「冷たい密室と博士たち」
0
    冷たい密室と博士たち
    森 博嗣〔著〕
    講談社 (1999.3)
    通常2-3日以内に発送します。

    勢いに乗って二冊目読破。いまさら森博嗣にハマる流行に乗り遅れた奴です・・。
    同僚の喜多助教授の誘いで、N大学工学部の低温度実験室を尋ねた犀川助教授と、西之園萌絵の師弟の前でまたも、不可思議な殺人事件が起こった。衆人環視の実験室の中で、男女2名の院生が死体となって発見されたのだ。完全密室のなかに、殺人者はどうやって侵入し、また、どうやって脱出したのか? しかも、殺された2人も密室の中には入る事ができなかったはずなのに? 研究者たちの純粋論理が導きでした真実は何を意味するのか。

    密室トリックよりも犀川先生と萌絵ちゃんの二人がきになってしょうがありません。
    なんとかして犀川先生のマンションに入ろうと試みる萌絵。
    o(^o^)o ワクワク
    しかし見事にかわされ。
    ( ´△`)アァ-

    今回は全作品よりキャラクター描写が濃くて、彼らの魅力が楽しめる作品になってると思います。トリックもいいけどワトソン&ホームズのナイスコンビがないと話はいまいち面白くないと思う。わしは解決する行程より、解決する人間に興味があるので、キャラクターの性格とかコンビ愛にどうしても注目がいってしまいます。

    事件のトリックや犯人に興味関心がない建築バカの犀川先生と、ミステリに興味津々の萌絵ちゃん。犀川先生はほぼ巻き込まれてますね。萌絵ちゃんが自分で犯罪に首をつっこんでいくというか萌絵ちゃんの周りで事件がおこるというか・・・当たり女?
    でもこんなやる気の薄い名探偵も珍しいです。(笑
    動機には関心なし。解答にいたる道筋を推理していくという手法が結構わしには新鮮でした。
    ああ〜次の作品も気になります。サクサクいくぞー。
    Check
     (ま行)森博嗣 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶

    comment










    trackback

    ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/277