<< 「百鬼夜行抄 8」 / 「ドリームバスター 2」 >>
「気になる部分」
0
    身辺がひと段落落ち着いたのでご褒美に読書。
    どこでだか忘れてしまったけど、ほかのブログさんが紹介されていた本で、表紙がかわいかったので即買いしてしまったのでした。↓
    と思ったら四季様のところで紹介されていましたん。(後日訂正)
    気になる部分
    気になる部分
    posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.23
    岸本 佐知子著白水社 (2006.5)
    通常24時間以内に発送します。

    眠れぬ夜の「ひとり尻取り」、満員電車のキテレツさん達、屈辱の幼稚園時代−。ヘンでせつない日常を、強烈なユーモアとはじける言語センスで綴った、抱腹絶倒のエッセイ集。

    翻訳家さんのエッセイって結構面白いと思う今日この頃。
    物心ついてからいろんなことが気になっているこの作者のエッセイはかなり共感度が高かった!

    岸本さんのエッセイは夢十夜みたいに現実なのか夢の中なのか、微妙なところが良い。幼少期の思い出も自分と多数重なるところがあっていい。
    陰鬱で時に陽気な文系少女だったのではあるまいか。
    わしも小さいころは夜中にタンスの取っ手が大きな目に見えて自分を見下ろしているような気がしてたまらなかったものだ。
    わしは今でも顔半分まで布団をかぶらないと眠れない癖があるけれど、この癖は絶対幼少期のそのタンスのせいだと思う。タンスと目をあわさないようにいつも掛け布団をひっかぶって眠っていたからだと思う。
    岸本さんの幼少期の思い出を読んでると、わしと同じほの暗い幼少期をもった人がいるっ・・・!と結構感動だった。

    この人の翻訳を一度もよんだことがないので、今度『中二階』を読んでみようと思う。おお新しい出会い。 (´∀`)フフ
    本のことを話し合えるお友達が旦那さんの転勤でいなくなってしまい、かなり春夏と寂しかったです。いつも図書館で読んだ本の話し合いっこをしてたなあ・・・。新潮クレストブックとか読み合いっこしてたのが楽しかった・・・。ただ本の意見交換だけど、同じ本の世界を体験した友達って特殊だと思うんだよねぇ。伊藤たかみさんが男の人だったことでショックをうけたらしく最近メールしてくれたけど、やっぱメールじゃなあ。でもこの本は結構面白かったのでお勧めメールしてみようと思います。(´∀`)
    この夏はまた読書しまくろう。読んだ本を彼女に報告しよう。
    Check
    エッセイ * comments(2) * trackbacks(1) * - - * moji茶

    comment

    moji茶さん、こんにちはー。
    やっぱり「中二階」が読んでみたくなりますよね!
    どんな本なんだろう… と先日仕事中にこっそり覗いたんですが
    そのまま借りるのを忘れて帰ってきてしまいました。
    今度こそ借りてこよう。
    と思いつつ、毎回忘れてしまうんですよねえ。なぜぇ(^^;。

    「陰鬱で時に陽気な文系少女」、ああー、確かにそうかも。(笑)
    というmoji茶さんもそういう少女だったのでしょうか?(笑)
    空猫さんに教えていただいたんですが、↓こんなページもありますよ!
    http://media.excite.co.jp/book/special/honyaku/index.html
    岸本さんの写真を見て、この方が河童一匹のために
    菜の花畑を一面の火の海にしちゃうのか!と感慨深かったです。(笑)
    四季 * 2006/07/25 6:32 AM
    こんにちはー。
    中二階、本屋さんで探しましたが白水Uブックス自体がおいてありませんでした・・・ネット購入せねば・・・。

    私は陰鬱で時に陽気な文系少女でした。
    時に内気、時に勝ち気。リーダーシップを取ったかと思うとひきこもる人間です。

    岸本さんの顔は初めてみましたYO!英語顔でした。
    河童以外にもどうしてそんなこと考えつくんだ!というつっこみを多々いれたくなりました。(笑

    moji茶 * 2006/07/31 10:41 AM









    trackback

    ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/256
     [amazon] [bk1] 翻訳家の岸本佐知子さんのエッセイ。第23回たらいまわし企画「笑う門には福来たる! “笑”の文学」で、空猫の図書室の空猫さんと(記...
    「気になる部分」岸本佐知子 * Ciel Bleu | 2006/07/25 6:14 AM