<< 「綺譚集」 / 「家守綺譚」 >>
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」
0
    アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
    アンドロイドは電気羊の夢を見るか?フィリップ・K・ディック
    早川書房 1977-03
    売り上げランキング : 30523
    おすすめ平均star

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    < 人間とアンドロイドのいたちごっこ >

    SFです。
    本格(?)SFはこの本で二冊目かも。
    のってくるとスイスイ読めるけど、世界観になっとくできないと途中でおわってしまうのがわしとSFの関係。
    この本も、出だしは結構苦労しました。
    でも話自体を整理しながらよんでいくと、要するにアンドロイド対人間という構図が基本で、舞台は放射能におかされた地球。
    主人公とアンドロイドとの鬼ごっこが話の中心になります。
    専門用語とかも飛ばして読んで大丈夫です。

    読みながら、ちょっとわかりにくかったのが、人間のもってる「共感」という機能。
    この小説は、そもそも用語解説とかがないので(あったらあったで話がくだらなくなるかも)SF初心者にはすごくわかりづらいです。
    平気でみんなもう知ってるよねーみたいにぽんぽん初耳な言葉や設定が出てくる。
    「共感」することにより、その場にいない人たちと、喜びや苦しみを分け合えるという不思議な力が人間にはあるという設定にも最初は「え?」といった感じでした。
    んで、アンドロイドにはその能力がないらしい。
    でも・・・今のわしらにもそんな超能力ないよね・・・・
    この小説では人間はエスパーなみに感受性が高いようです。

    アンドロイドは平気で生き物が殺せて、人間にはできない。
    この世界の人間は、「牛革のバック」ときくだけで精神の波長がおかしくなります。じゃあ・・・わしはアンドロイドだ・・・ごめん・・・。
    いきすぎた動物保護団体のようだな・・・。(-L-;)
    よくよく読んでみると、生きた動物は絶滅の危機にあるらしく、異常なまでの動物愛はそういう時代背景があるらすぃ。

    人間は生き物にたいする愛情をもっていて、アンドロイドは持っていない。
    そこが機械と人間の違いだ、と、この小説でははっきり書かれてあります。
    でも・・・人間にだって愛情の薄いのもいるんじゃないのかな・・・なんていう疑問をもったらもうこの小説は面白くないかもしれません。
    ちなみに、この作品は映画化もされてるようですね。
    「ブレードランナー」?だっけ?
    すみませんうろ覚えで。

    SFって、映画にしたほうがリアル感が増していいかも。
    とくにこの小説は撃ち合いとか過激なシーンも多いし。
    でも映画のほうがおもしろかったら小説書きさんはつらいかもね・・・・。

    Check
     ハヤカワSF文庫 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶

    comment










    trackback

    ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/235