<< 「イン ザ・ミソスープ」 / おねえさんのいるお店 >>
たらいまわし企画・第24回「五感で感じる文学」
0

    やっと参加できました!
    最近バタバタしてなかなかパソコンは見れども更新できない日々が続きましたがなんとか一段落。
    そして密かに職場でカタカタ打っています・・・。あまり長くなると怪しまれるのでTB・コメントは自宅に帰った夜にしたいとおもいます。
    今回の企画はCiel Bleuの四季様です。企画お疲れ様です。


    今回教えて頂きたいのは、そんな風に色や匂い、手触り、音、味わいなどを感じることができる作品。五感で感じられる文学です。逆に、そういう五感を個性的に描いた作品があれば、それもぜひぜひ。

    うーん、最近読書とご無沙汰であまり思いつくモノがありません(汗。
    必死に考えろわし!がんばれわし!
    読んでいて風景や情景が迫ってくる小説といえば・・・

    家守綺譚
    梨木 香歩
    4104299030
    とても面白く読みました。淡々と話が進んでいく割に退屈せず、どんどん読み進めたのは、まさにこの小説の情景がありありと目の前にうかび、家の庭に立つ大きな木や、船で時折現れる友人など、読んでいて想像するのに飽きなかったからだとおもいます。
    そしてなんと、この家守綺譚が地図に!!ワルツ様が作ってくださってます。うおお琵琶湖疏水とか桜の季節に歩きたい!ことしは全然歩けなかったもんなぁ・・・。

    クライマーズ・ハイ
    クライマーズ・ハイ

    次はこれ。風景とかではなく、登場する男たちの仕事にかける情熱やプライド。迷い、怒りが心に迫ってきます。
    横山作品で一番感動したかな。とてもいいですよ。いぶし銀!

    今思い浮かぶのはこれくらいかな。
    後でいろんな人のところを回って、「あ!そうか!この本もそういえば!」とか思うのです。でもそうやってみんな同じ本で感動してるんだー、と思うとちょっぴり嬉しいですよネ。楽しい
    Check
    たらいまわし * comments(8) * trackbacks(5) * - - * moji茶

    comment

    一人暮らしを満喫されてますねー(*^^*)
    私の勘違いかもしれないけれど、昨日だったかなあ、
    「部屋に来るのは親ばかりだから男をどうとか」って書いてなかったです?
    勘違いだったらごめんなさい(>_<)
    勘違いじゃなかったらその目標、陰ながら応援します、ファイト(笑)
    『家守綺譚』いいらしいですよねー。
    そう思うなら読めよって話ですが、文庫落ちを待ってます〜♪
    『クライマーズ・ハイ』はNHKのドラマを見ました。
    よかったです!
    http://www.nhk.or.jp/drama/html_news_high.html
    特に佐藤浩市(うっとり)
    moji茶さんはご覧になりました?
    まだでしたら、DVD出たのでレンタルビデオ屋で借りられるかも。
    是非〜。
    そういえば、2、3日前、ほりえもんが御巣鷹山に登ったってニュースに
    なってましたね。
    彼の場合は、山崎豊子さんの『沈まぬ太陽』を読んで感動したようですが…
    LIN * 2006/05/23 1:11 PM
    moji茶さん、こんばんは〜♪
    うわ!『家守綺譚』ですね。
    私、今 moji茶さんの、このお言葉(↓)と同じ気持ちです。
    >後でいろんな人のところを回って、「あ!そうか!この本もそういえば!」とか思うのです。でもそうやってみんな同じ本で感動してるんだー、と思うとちょっぴり嬉しいですよネ。

    私も大好きです。『家守綺譚』
    情景も、植物も、人々も、犬も河童さんも、長虫屋も・・脳内になんともいえない世界が広がります。何度も読み返したい作品です。

    『クライマーズ・ハイ』は、未読です。御巣鷹山の日航機事故を扱った作品なのですね。心して読んでみます。
    ワルツ * 2006/05/23 10:20 PM
    moji茶さん、こんにちは〜。ご参加ありがとうございます。
    「家守綺譚」いいですよねえ。大好きです。
    今回も出そうかなと考えたほどだったんですが、結局出さなくて…
    moji茶さんが出して下さって良かった! 嬉しいです。
    ほんと、しっとりした世界ですよねえ。
    手元に置いて、何度も愛でたいタイプの本ですね。
    そして「クライマーズ・ハイ」は未読。とてもいい作品らしいですね。
    ただ、こちらは私には生々しくて、ちょっと読めそうにありません…。
    同じ理由で地震物も全然ダメな私です。(^^ゞ

    あ、私、4月からmoji茶さんと同じような職場になったんですよー。
    去年資格を取ったら、早速使うことができてラッキーです。
    とは言っても、正規の職員ではないんですが! 家から徒歩5分です♪
    四季 * 2006/05/24 8:49 AM
    >LIN様
    お久しぶりです〜こんにちは(´∀`)
    勘違いなどではありませぬ。目標は男を下宿につれこむこと(家族親類友人除く)ですYO!
    このテンプレートに変えたとき、コメントがかなり見づらかったので消してしまったのでした(o ̄∀ ̄)イヒ。

    クライマーズ・ハイのドラマはまだ見ていません。そしてビデオデッキがない・・・。il||li_| ̄|○il||li
    ボーナス出たら液晶テレビとビデオを値切って買おうとおもってます。
    しかしホリエモンもなんだかなあ。ちょっとかわいそうな気もしますが。御巣鷹山に上ってどうするんだろう。いっそ八甲田山にでも登ればよかったのに。
    死の彷徨!(謎

    >ワルツ様
    こんにちは。おひさしぶりです。
    梨木香歩さんでは『家守綺譚』が一番好きです。次に『村田エフェンディ滞土録』。時間がゆっくりと流れていく感じがすきです。
    『クライマーズハイ』は、御巣鷹山事件が舞台ですが、こそで繰り広げられるさまざまな人間ドラマにしびれます。
    いいですYO!(´∀`)

    >四季様
    こんにちは。企画お疲れ様です!
    図書館勤務〜♪オメデトウゴザイマス!
    嘱託でもかなり高倍率なのにすごいですね。しかも徒歩五分!
    書架整理のときに「あ、こんな本あるんだ〜♪」とかいってその場に座り込んで読んだりするとしかられます(経験者は語る。

    最近本を読んでいなかったので、ねた切れの危機でした。(笑
    梨木さんの小説は自然がたくさん出てくるので、一番最初に思いついたんです。装丁も結構気に入ってます。文庫になったらどんな装丁になるんでしょう☆
    横山秀夫さんの小説は結構渋くて、重いです。
    でもかならず清清しくエンディングを迎えるのが特徴かな。最後まで読みきると、「おおお・・・ええ話やった・・・」と感動することが多いです。
    moji茶 * 2006/05/24 2:46 PM
    こんにちは、こちらへは初めましてですね!
    『クライマーズ・ハイ』というのは御巣鷹山を題材にしているのですね。
    あれは私大学生でよく覚えています。現実も修羅場だったのでしょうね・・。
    最近読書は日本人づいているので、これもいつか手にしてみたいですわー。
    shosen * 2006/05/24 4:03 PM
    moji茶さん、おはようございます!
    家守綺譚!キターですね。
    私も、今回のお題で、すっと浮かんだのですが、
    もうくどいくらいにご紹介してるので、差し控えでしまったのです。
    これと同時に、村田〜も、沼地〜も、梨木さんの描く空気をなぞるような世界観が大好きです。

    クライマーズ・ハイ。
    衿をただして読んでみたい本です。
    ご紹介、ありがとうございます。

    pico * 2006/05/26 11:05 AM
    クライマーズ・ハイ、ちょうどさっき読み終わりました☆
    イッキ読みだったので、今はちょっと読書ハイ気味(笑)
    いやあ、よかったです。いろいろあるけれど、最後はすがすがしく終わりますね。
    体育会系といえるほど、怒号飛び交う社内もすごいです。
    ほりえもん、御巣高山で記念撮影して、神沢に殴られてなきゃいいですけど。。
    主人公の、弱気と強気の微妙に交じり合ったところが、すごくリアルで、気持ちを入れやすかったです!
    overQ * 2006/05/27 7:44 PM
    >shosen様
    こんにちは。(´∀`)

    ホリエモンも登ったという御巣鷹山・・・。
    なんかあのころはよく飛行機事故がおこっていた気がします。
    ハイジャックとかもあったんじゃなかったかな。
    今と比べると昔のほうが激動の時代だったのかもしれません。

    >pico様
    こんにちは。
    梨木さんの小説はいいですよね。あの独特の静かな世界観に読んでいる間どっぷりつかれます。
    自然がたくさんでてくるし癒されますよ。
    クライマーズハイは梨木さんとはまったく正反対のいぶし銀小説ですが、読み応えがあって好きです。感動します。(´∀`)

    >overQ様
    こんにちは。
    おおおおおなんてタイムリーな!
    私もイッキ読みでしたよ。面白くてだだーっと読みました。
    確かに体育会系・・・私は絶対勤まってません。
    よかった。新聞社じゃなくて(笑
    ホリエモン登ってましたねー。はぁ?(摩邪風)てな感じでしたが・・・・。
    moji茶 * 2006/05/28 2:15 PM









    trackback

    ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/214
    たらいまわし本のTB企画 / 第24回は、四季さん主催、 お題は、『 五感で感じる文学 』です。 すごい読書家でいらっしゃる四季さん。面白いお題ですね。 五感とは、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚。 考えるだけで、わくわくしました。 四季さん、ありがとうござい
    たらいまわし本のTB企画 第24回 『 五感で感じる文学 』 * ワルツの「うたかた日記」 | 2006/05/23 10:22 PM
    たら本でございます。 今回2度目の主催者、四季さん。たいへんお疲れさまです。お...
    たらいまわし・本のTB企画 第24回「五感で感じる文学」 * てらブログ | 2006/05/23 11:40 PM
    全国のたらいまわしのファンのみなさま、お待たせしました。「たらいまわし・本のTB企画」も24回目。今回は、100文字でのねあ。さんから「たらい」を受け取ったワタ...
    たらいまわし企画・第24回「五感で感じる文学」 * Ciel Bleu | 2006/05/24 6:09 AM
    お待ちかねの「たら本」第24回は[ Ciel Bleuの四季さん ]主催です。お疲れさまです!また参...
    たら本/第24回「五感で感じる文学」 * unaG -2nd Season- | 2006/05/24 12:56 PM
    たらい回し本のTB企画第24回が、始まっています。 主催は、ディープな本読みの 「Ciel Blue」の四季さん。 本だけでなくいろいろいろいろいつもお世話になってます! お題は、「五感で感じる文学」 いかにも、四季さんらしいステキなお題.です。 今回教えて頂きた
    たら24回「五感で感じる文学」 * おかぼれもん。 | 2006/05/26 11:05 AM