<< 「豚の死なない日」 / 「綺譚集」 >>
「出口のない海」
0
    横山 秀夫
    講談社
    ¥ 1,785
    (2004-08-06)

    人間魚雷とは、太平洋戦争末期日本軍が考え出した海の特攻兵器です。
    ぎりぎり人体が入るひろさの潜水艇で、敵艦目指してつっこんでゆく、悲惨な兵器です。
    その兵器に乗って散っていった青年が主人公。
    彼は野球選手として生きる人生があったはずなのに、それを無残にうばわれてしまいました。
    しかし彼は自分の不幸な人生を、その時代、その運命を懸命に生きて最後まで希望を失いませんでした。そんな彼の生き方に泣きます。

    魔球完成に命をかける野球一辺倒の彼が、軍隊に入るところから、彼の運命は変わりはじめます。
    とうとう彼も一軍人になってしまうのか・・・
    あまりにも軽く自分の命を捨ててしまう特務に参加してしまった主人公。
    決死ではなく、必死の特攻に困惑します。
    その先にあるのは死。寿命ではなく、近い将来かならず来る死。しかも、自分から進んで向かっていく。

    しかし、彼はあくまでも魔球の完成に希望をうしなわず、友人に生きることを教えてくれたのです。
    体は現世にしばられて魚雷にのっていても、彼の精神はどこまでも自由なのでした。
    ただひたすら、主人公に脱帽します。

    読後は、やはり主人公には野球人生をおくってほしかった・・と思いました。戦争って残酷です。


    タグ:出口のない海 横山秀夫 回天 人間魚雷
    Check
     (や行)横山秀夫 * comments(5) * trackbacks(1) * - - * moji茶

    comment

    わー、名前が出てますね。緊張してしまいます…(笑) や、moji茶さんも楽しまれたようで良かったです!! でも2巻はまだなんですね。ほんと早く返してほしいですねっ。 返したくなくなっちゃう気持ちは分かるけど… (あ、やっぱり単に返し忘れてるだけかしら 笑) 2巻を読み始めたら、「え?」と驚かれるかと思いますが でもきっと楽しめますので〜。 返ってきたら、すかさず借りて下さいね♪ で、私はといえば、「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」を読みましたよ! で、moji茶さんの感想が拝見したかったのですが、今はもうないのでしょうか。 うわーん、残念。 もうすっごく面白かったです。夢中になって読んじゃいました。 あの分厚さなのに、するりと読めちゃう作品なのがびっくり。 いやー、ようやく読めてほんと良かったです(^^)。
    四季 * 2005/05/12 2:15 PM
    わ、ごめんなさい、1つ後のエントリの書き込みと重なって 変なことになってしまいました… 他のとこで書いてから、ここにコピペしたので…(^^;;。 ここの書き込みは「わー、名前が出てますね。」からです。 ほんとすみませんーっ。
    四季 * 2005/05/12 2:18 PM
    こんにちは! 私もコメント欄でよく二重投稿とかやらかすので大丈夫です!(何が) 「DIVE!」面白かったですよ〜。二巻は意外な展開があるんでしょうかっとっても気になります。ああ早く返して欲しい。 「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」すごいですよね!夢枕獏自身がものすごく満足してるし。それだけのモノが出来上がってると思いました。いっきに4巻まで私もいってしまいましたよ。 感想文は・・・・ブログをいじった時に全て消えてしまい・・・(/д`)ノOH!NO! 一から出直しで頑張ります。(´∀`)
    moji茶 * 2005/05/12 6:33 PM
    雑食レビューのおおきといいます。 TBさせていただいたので、ご挨拶に伺いました。 まだ始まりですし、大会ひとつ描かれてないんですけど、主人公の成長過程を読むだけですっかり引き込まれてしまいますね。
    おおき * 2005/06/15 8:57 PM
    こんにちは!はじめまして。 TBありがとうございます。(´∀`) これ面白いですよね。子供向けかと思ってたんですけどぐいぐい引き込まれて気がついたら最後まで読んでしまった、みたいな。 二巻早く読みたいんですけど未だに貸し出し中。 くぉらー!
    moji茶 * 2005/06/16 6:22 PM









    trackback

    ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/16
    DIVE!!〈1〉前宙返り3回半抱え型森 絵都 / 講談社(2000/04)Amazonランキング:3,157位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見る...
    DIVE!!〈1〉前宙返り3回半抱え型 * 雑食レビュー | 2005/06/15 8:55 PM