<< 「舞姫通信」 / 「水滸伝 5 玄武の章」 >>
「ダンス・ダンス・ダンス」
0
    ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 ダンス・ダンス・ダンス〈下〉ダンス・ダンス・ダンス〈上〉
    村上 春樹

    講談社 2004-10
    売り上げランキング : 11,749
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    羊をめぐる冒険から四年。
    自己世界の再構築のため、主人公の「僕」は新たな旅に出る。
    キーワードは耳の綺麗な彼女「キキ」。
    彼女を探すため、僕は再びいるかホテルへ向かう・・・。

    「羊をめぐる冒険」を読んでないとわからないかもしれません。

    途中で殺人事件に巻き込まれた時には、この小説はどこへ向かうのかと思いましたが、不思議にばらけたカンジもせず収拾していきましたね。ハワイまでいっちゃったりなんかして。
    アメ、ユキ、メイ、様々な人が彼の前を横切っていきますが、その中で、彼が自己の構築に必要だと心から求める人物は結局たった一人でした。「キキ」ではありません。
    でも「キキ」と同じ世界を共有できる人間。「僕」と同じ世界を見る人間。

    この作品に登場する女性は皆カタカナなんですが、メインの彼女以外は下の名前。皆カタカナ2文字で記号化(?)されています。
    記号化された名前の彼女たちは、「僕」の再構築の糧という存在意義があったんですかね?
    それぞれ、かなり濃く「僕」と繋がっているのに、あっさりと去っていく不思議な存在です。そしてそれぞれが「僕」に何かを残していく。

    あれだけの死と喪失を「僕」に体験させた羊男の仕事ってなんだったんでしょうね。
    本当に必要なものを見つける試練だったんでしょうか。
    村上氏の小説は何もかもが象徴的です。

    最後は自己の再構築を果たし、「僕」は新たな日常に向かうわけですが・・・。
    結局ラブストーリーだったんだろうか。そう考えるといやだな(笑。途中までとても哲学的だったのに。結局愛かよ、みたいな。
    ちょっと読後がすっきりしません。

    村上春樹の小説って、面白いのか、自分とウマがあっているのかイマイチよくわかりません。
    わしが春樹小説を読むのは、「わからないから」です。
    わからないからわかるために読んでるんですが、なかなかわからない・・・そしていつの間にか読破本が増えていく・・・。謎な作家さんです。

    Check
     (ま行)村上春樹 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶

    comment










    trackback

    ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/155