<< 「赤ひげ診療譚」 / 「舞姫通信」 >>
「東京奇譚集」
0
    東京奇譚集
    東京奇譚集村上 春樹

    新潮社 2005-09-15
    売り上げランキング : 7
    おすすめ平均star


    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    よかったっす。
    今まで読んだ村上作品のなかでもっともソフトな短編集でした。
    え?こんな軽いの?
    読み応えがないとかじゃなく、今まで読んだ村上作品の中でもっとも哲学とか理屈のない作品という意味で軽い。最近読んだ「アフターダーク」より文章も小説技法も悪くないし、ストレートでよっぽどこっちのほうがいいと思いました。
    やや不思議、だけど題材としてはそんなに奇抜ではない。
    中間の中間くらい。
    ぶっとんだ部分がないのでやや面白みにかけますが、わしは好きです。

    「ハナレイ・ベイ」が一番好き。
    一人息子をなくした母親のお話です。一人の中年女性のお話ですが感慨深い作品にしあがってます。結構淡々としていて、わしがソフトな短編集だと思ったのも、この作品が起因しています。
    「どこであれそれが見つかりそうな場所で」は、ちょっと「海辺のカフカ」あたりを連想させる内容でした。時空を飛び越える村上作品特有のアイテムですね。この話は村上らしい作品でしょうか。

    なんだ、こういう作品も書けるんじゃん、と思ったり。村上春樹は6冊くらいしか読んだとがないのであまりえらそうな書評はできませんが、ちょっと今までの村上春樹を脱しつつある作品に思えました。



    Check
     (ま行)村上春樹 * comments(0) * trackbacks(1) * - - * moji茶

    comment










    trackback

    ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/153
    あなたの近くで起こっているかもしれない物語。 奇譚(きたん)とは、不思議な、あやしい、ありそうにない話。しかしどこか、あなたの近くで起こっているかもしれな...
    東京奇譚集 * カミノコドモタチハミナオドル | 2006/01/18 3:50 PM