<< 「卵の緒」 / 「豚の死なない日」 >>
「チルドレン」
0
    チルドレン
    チルドレン伊坂 幸太郎

    講談社 2004-05-21
    売り上げランキング : 1,042
    おすすめ平均star


    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    一話完結の短編集ですが、登場人物は一貫しています。
    陣内という破天荒な男を中心に世界が回ってゆきます。
    陣内が主人公、というわけではなく、短編それぞれに登場する主人公を通して陣内が語られる・・・という不思議な構造。
    1話1話に必ず出てくるのに、主人公ではありません。
    でもこの一冊の本という大きな単位になると陣内が主人公っぽい。
    (-L- ;)うーん。

    話はどれも面白かったです。ミステリーあり、シリアスあり、ほのぼの、ギャグありとかなりすいすい読めました。読後感はさわやかの一言に尽きますね。
    わしが好きなのは1話目と2話目。
    1話目はミステリーっぽくてかなり好きなカンジでした。
    2話目は家裁調査官というわしにとってはなじみの無い職業で奮闘する陣内君の後輩のおはなし。・・・ていうかあんな性格で家裁調査官な陣内がすごいな。どうやって試験うかったんだ。
    2話目の、子どもは一人だと英語でchildだけど、集団になるとchildrenになって別物になる、というくだりはかなり成程・・!と思いました。
    子どもって不思議だ。そして話の最後のオチもよかった(笑)。

    欲を言えば、陣内よりわしは鴨居君が好きなんで、鴨居君をもっと登場させてほしかったです・・脇役キャラに愛を注ぐわし。
    そういや御手洗よりも石岡君が好きだったなあと振り返ってみる。
    火村教授より有栖のほうが好きだしな。(´∀`) 
    自分のおかしな好みを再認識させられた本になってしまったよ。
    Check
     (あ行)伊坂幸太郎 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶

    comment










    trackback

    ・・・ トラックバック機能は終了しました。