<< 我が家の絵本 / 悩ましき保活 >>
ディナゲスト
0
    3年前、息子を出産してからの1年は生理が止まっていたのですが、2年目から順調に再開して、最初の頃はそうでもなかったのですが、たまに寝込むことや体に変調をきたす(右の下まぶたがアレルギー症状を起こして腫れる、胸のあたりに蕁麻疹が出る)ことが増え、とうとうここ3ヶ月では最初の三日間は夜用ナプキンの装着が必須、一日ものすごく肛門の奥が痛くなるので貧血も伴ってねこまざるを得なくなり、家事が停滞するということが起きてきました。
    家族のすすめで病院に行って中を見てもらうと、子宮と卵巣自体はとても綺麗。
    妊娠のおかげで子宮内膜はだいぶ小さくなってるみたいだし、これだと一見なんともないように見える。数年前に卵巣腫瘍を摘出したところは、子宮内膜症を再発した頃の名残か少しエコーで見受けられるけど、小さなものでまだ特別な治療がいる訳でもない。
    という診断でした。
    子宮も卵巣もとても綺麗だから2人目でも作ったら?と勧められたのですが、息子の療育のことやあと数ヶ月で職場に復帰しなければならないことを相談すると、服薬治療を勧められました。
    ディナゲストというホルモン抑制剤です。
    しばらくすると生理が止まるらしく、子宮内膜症や卵巣腫瘍の治療方法にもよく用いられるそうです。
    私の症状は、このまま生理が続けば確実に子宮内膜症が悪化することは確実で、エコーの見た目では早急な治療は必要ないレベルだけれど、寝込むほどの肛門痛は医者として気になるレベル。エコーに見えないところで、具体的にはダグラス窩というところが癒着している可能性が高く、寝込むほど痛ければ、最悪放置した結果内膜が直腸を突き破ることもあると言われました。
    それで、さっそくディナゲストという薬を処方されて朝夕1錠ずつ飲んでいます。
    副作用なんかも説明されましたが、まずは飲んでみないとなんとも分からない。
    今日で飲み始めて10日ほどがたちます。
    夜眠れない・・・かな?
    こんな時間にブログ書いてるくらいですからね。(^ω^;);););)
    眠いけど眠れんな。
    副作用には不眠、鬱傾向なんかもあるそうで、不眠なのかなぁと思いつつ、様子見しています。
    不眠だと漢方の処方や睡眠薬を渡されるみたいで、薬漬けの日々が始まります。
    それでもあのなんとも言えない肛門痛がなくなると思えばとても気が楽で、療育のある日も息子と元気に通えるのでとても助かっています。
    ディナゲストとのお付き合いは始まったばかりですが、どうなることやら。
    早く閉経して欲しいわ!!!!!


    Check
    卵巣腫瘍闘病記 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶

    comment










    trackback

    ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/1094