<< 「現実入門」 / 「ルパンの消息」 >>
「麦の海に沈む果実」
0
    「三月以外にやってくる転入生は、学園を破滅に導くだろう」
    そんな伝説を持つ学園に、二月に転入してきてしまった謎の少女水野理瀬。
    浮世離れした学校に、浮世離れした校長と生徒たち。
    そして摩訶不思議な出来事。
    何も知らない理瀬を見つめる不気味な目・・・。
    いったいこの学園には何が潜んでいるのか!
    謎が謎をよぶミステリーホラーです。

    面白いよ!と薦められて、それじゃあ・・と半信半疑で読み始め、あっという間に読み終わりました。面白かったです。テンポもいいし最後まであきさせない。
    どちらかといえばミステリーよりもホラー?
    登場人物とかも個性的で謎が多い。
    こわごわ読みました。
    ちょっと話の構成がややこしく、話の進行も過去だったり現在だったりと、ちょこっと忙しいので年な人はかなり前に戻って読み直したりと苦労するかもです。(´∀`;)

    初恩田陸は大当たり。
    ほかの作品にも興味がわきます。

    ↓以下はネタバレとつぶやき

    「恩田陸は、さんざん話をふくらませた挙句、オチがしょぼい」と薦めてくれた子が言っていたのでどんなんかなと思っていましたが、いやいや、この作品に限って言えばとても面白かったです。
    理瀬が記憶喪失っぽいなぁ・・・とは話の前半部分でうすうす感づいてましたし、もしかして娘・・・?というのもなんとなくわかってました。
    あえて書かない部分に話のタネがあるのが恩田さんの作品の特徴なのかな。
    ミステリー慣れしているわしにとって先の読みやすい話ではありました。
    でも登場人物が奇抜なので、そんなん想像もつかなかったよ(笑)ということもしばしば。そこらへんは「んな無茶な」と思う人と、わしのように「そんなこともあるかもね」と許容する人で評価がわかれるかもしれません。
    この作品とよく似たジャンルに京極夏彦がいると思う。
    彼の場合は膨大な薀蓄がトリックの解明を邪魔するという、これまた奇抜な手法のミステリーホラーです。それよりは・・・恩田さんのほうが物語的でいいとおもうYO。




    Check
     (あ行)恩田陸 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶

    comment










    trackback

    ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/104