<< 妊娠8か月(31週目) / 美味しいものあります >>
妊娠9か月(34週目)
0
    お腹が頻繁に張るようになりました。具体的に言うと、立ち上がると途端に張って、歩き出すとどんどん膨張するような感覚を覚えるようになりました。歩いている最中はずっとお腹が張っていて、昔手術で切った下腹の傷がむずがゆくなるくらいぱんぱんに膨らんでいます。もし、人とぶつかったら、おそらく腹の圧で殺してしまいそうなくらいキンキンに固いです。座るとそうでもないのですが、立ち上がると覿面です。立っている間は、張りが一向に収まる気配は無く、臍から子どもが飛び出してくるんじゃないかと思うくらい張ってしまいます。
    それが不安になって病院に相談したところ、薬などの処置はなかったのですが、二週間の外出禁止令が出ました。
    「まだ生まれるのは二週間くらい早いからね。家で休んでてくださいね。」とのことで、正期産になるまで安静だそうです。
    体重は自分自身の脂肪による増加はなく、子どもの増加につられて増えています。
    現在2434g。心音正常。母親は安静にと言われたのに、一方の腹の息子は元気一杯だそうです。

    今回のエコー写真は漸くそれらしいものが撮れました。↑の写真は横顔です。
    この時はしゃっくりをしていて、ぴくぴく動いてました。
    結構動く割に、ダイナミックな動作は無く、左下に頭、右上に両足という体勢はずっと変わりません。なので、時々腹の右上に子どもの足が浮き上がっている時があります。母親の腹を蹴り破る気か?というくらい押し上げてくる時があるので、そういう時は押し返しています。腸がひっくり返ったんじゃないか、というくらいの衝撃が来るときもあるのですが、体勢は一切変わってないので、スクリューでもしてるんでしょうか・・・。
    ↓の写真は、正面の顔です。

    怖い。
    何かに似てる・・・と思ったら、あれに似てるんですよ。

    オルメカ文明の巨石人頭像。
    「皆こう写っちゃうんですよ〜」と先生。
    このままの顔で生まれてきたら、名前は「オルメカ」で決定ですよね。男の子の名前としては強そう。カタカナ表記か漢字表記にするか悩む・・・。

    ともかく、お腹の赤ちゃんは元気そのものだそうです。
    悪阻で苦しんだ時期があっという間に昔のことになり、あんなに遠く思っていた出産が間近に感じるようになりました。
    いよいよだなあ。
    苦しみ少なく、楽に産みたいです。
    Check
    雑記 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶
    スポンサーサイト
    0
      Check
      - * - * - * - - * スポンサードリンク

      comment










      trackback

      ・・・ http://mojityan.jugem.jp/trackback/1017