異性
0
    角田 光代,穂村 弘
    河出書房新社
    ¥ 572
    (2014-11-06)

    今を時めく角田さんと穂村さんが「異性」を題材にリレー形式でエッセイを綴る!

    角田光代さんの作品は、実は小説は「キッドナップツアー」くらいしか読んだことがなくて、かの有名な「紙の月」だとか「八日目の蝉」だとかは全てスルー。彼女の作品として印象的だったのは、エッセイ「しあわせのねだん」でした。
    部屋の大きさも把握せずに冷蔵庫を買って、案の定部屋に入らなかったりだとか、風呂が嫌いだったりだとか、面白エピソードがたくさんあって、何てこの人は面白いんだろう!と思ったのでした。
    そして穂村さんについても、歌人としての彼のことはほとんど知らなくて、これまたエッセイの「本当はちがうんだ日記」で知ったのです。
    10年間通ったジムで一人も友達ができず、バーベルを上げたり下ろしたりするばかりで「修行僧」とあだ名がついた彼・・・。笑いなくしては読めない。なんて面白い人生なんだ。いや、なんて面白く日常を切り取れる人なんだ!

    そして、この本はその二人のリレー形式のエッセイなんですよ。読むしかないでしょう。

    色々と異性について議題は尽きないのですが、その中でも印象的だったものは、「ブスは性格が良くて、美人は性格が悪い」という議論。角田さんからの議題でしたが、こういう話題、女子なら思春期のころ必ず思ったり話したりしたんじゃないかなあ。
    かくいう私もそうだと思ってた時期がありました。今思えばそれは劣等感からくるものだったりひがみだったり、自意識過剰すぎただけだったような気がしますが、そういうもやもやの時期を通り越した時、急にテレビの向こう側にいるかわいい女の子を素直にかわいいと思てるようになったり。不思議ですねぇ。
    加齢というものにも考えさせられました。
    他にも、今の自分にはそこまで価値がないかもしれないが、いつかきっと開花する。そんな自分の可能性を見つけてくれる男性がいつか現れてくれるはず、とか、自分の真のよさに気付いてくれる男性がどこかにいるはず、とか、自分でもよくわからない妄想を男性に他力本願する話も面白かったです。わざわざおしゃれしなくても、ノーメイクでも、ズボラでも、そんな自分の中に宝石のようなものを見つけてくれる人が・・・って、そんなわけねーじゃん、とすっかり冷めた視点に至るところまで描かれていて面白かった。少女漫画読みすぎるとこうなるよね・・・。
    後は、男はどうして別れた女のものを後生大事にとっているのか、とか。
    曰く、男は昔付き合った女を自分の「資産目録」に組み入れてしまうので、たとえ別れたと言っても財産の一部と考えているからだ、という意見には目から鱗。
    ものの捉え方が男と女でこんなに違うのかぁ、と思わせられたり、そうそう!その通り!と共感させられたり。
    どちらかと言うと、角田さんの方がぐんぐん攻めていく感じの文章で、穂村さんはそれを受けつつ鋭く切り返していく感じで、リレー形式のエッセイであり、対談であり、お二人の会話から「異性」について考えさせられることが多かったです。
     
    エッセイ * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶
    「遠い朝の本たち」
    0

      須賀さんが昔読んだ、思い出深い本についてのエッセイ集です。

      戦前、戦後のブルジョアな感じの須賀さんが良い。当時の小学生がベッドで寝てるなんて信じられん(笑)。そのベッドの上で読んだ童話集や物語への思い出を須賀さんが懐かしい感じで語っています。
      小説を読み合ったしげちゃんや、一緒にベッドで読書をした妹、本を読み聞かせてやった弟・・・その時の本にかかわった家族や友人との思い出、現在の視点も一緒に語られて、それが時に切なかったり面白かったり。私は一冊の本に対して、須賀さんのように深く広く思考を馳せたことがあっただろうか・・・。

      お話の中では、「父ゆずり」の最後の文章が好きです。「父との確執」とか言ってみたい(笑)。父の死後、本を通じて心を通わせる部分が切ないです。私も、何かを通じて父と語り合いたくなるような時が来るのだろうか。「確執」を感じるほど、私と父親の関係は濃いのだろうか、と考えさせられました。「平家物語」は、一度古典できちんと読んでみたいですね(途方もない!)。
      史伝に対する須賀さんの考察も面白かったです。私は史伝がふつうに面白く感じたので、文体まで意識がいかなかったのですが、須賀さんの読みの深さを畏怖します・・・。

      「葦の中の声」というお話にでてくる、アン・リンドバーグの著書の抜粋も好きです。

      さようなら、とこの国の人々が別れにさいして口にのぼせる言葉は、もともと「そうならねばならぬのなら」という意味だとそのとき私は教えられた。「そうならねばならぬのなら」。なんという美しいあきらめの表現だろう。中略この国の人々は、別れにのぞんで、そうならねばならぬのなら、とあきらめの言葉を口にするのだ

      いつも使う言葉だけど、そんな思いで言った覚えはないです(笑)。
      この話を読んで、「さようなら」って武士らしい潔い言葉だなあと思いました。

      他にもサンテグジュペリの「人間の土地」が出てきたりして、ものの見方とか、絆とか、そういうものも考えさせられました。須賀さんて、いい本を読んでるんだなあ・・・というより、いい本を見つける力があるんだろうなぁ。私はいい本だと気づかないまま、その本をブックオフにやってるんだと思うとちょっと反省。

      「人間の土地」は、堀口大学訳で持ってましたが、書かれてあることが回りくどくて解りにくくて、そのままブックオフに行きました!自分、ダメ人間!

      Read more...
      エッセイ * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶
      「日本語の素顔」
      0

        結構古い本なので、amazonに画像がないですね(笑)。

        日本語についてのエッセイです。古い本だけど、別に内容は古いと思いません。著者の日本語や日本文化に対する考え方、感想は共感できるものも多いし、現代でも問題提起として使えそうな話題もありました。

        正しい日本語、敬語について改めて考えさせられる本でした。
        個人的には芭蕉のお話がよかったかな。日本人は”あいまい”を好む、という内容。全部語りつくすと面白くない。あえて語らないところに余韻を感じて楽しむ日本人の心意気を再確認できました。

        エッセイ * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶
        「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる」
        0

          下の装丁のほうが好きなんだけど、文庫のほうが安価なので文庫を購入。

          今から6年くらい前に勤めていた職場に読書家の友人がいて、お勧めしてくれていたエッセイです。友人はとても素敵な主婦で、お料理教室に通ったり、手作りのアクセサリーを身につけていたり、私の憧れのお姉さんでした。この本は、その友人の思い出がよみがえってくる本でもあります。

          内容は、石井さんが留学していたフランスや、旅行したイタリア、スペインなどの海外での食の話。
          出てくる料理はオムレツ、ハンバーガー、フランスパン、ラタトゥイユ、スパゲッティ、アイスクリーム、笹寿司、めはり寿司、ポトフ、プール・オ・リ、ブイヤベース・・・まだまだ出てきますが、どの料理もゆげが立って、こちらにまで香りがだたよってくるようです。
          私も床の上に海老の殻が転がっているようなお店に入って、殻をむきむき思う存分酒を飲みながら海老を食べてみたい!あつあつのはふはふで海老を食べたい!

          石井さんの食べたオムレツはきっと玉子のふわふわの食感がたまらなくよさそうだなあ・・・あつあつのオムレツをはふはふしながら食べるんだろうな・・・と思いながら読むので、ついつい読後は食い意地がはってしまいます。

          こんなに生き生きと食を語ったエッセイは初めてだったので、新鮮で、とてもおいしく読めました。

          エッセイ * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶
          「ぐうーの音」
          0

            この人のイラストは、大学生の時愛読誌だった「ダ・ヴィンチ」のころから結構好き。たまたま持ってた友達がいたので借りました。

            内容は、グルメの漫画エッセイ。
            やきとり とか すっぽん とか おなじみのものからあまり食べたことがない食材までいろいろな食べ物について書かれています。
            どれもおいしそう。

            この本のせいで、今無性に焼き鳥が食べたいです。

            エッセイ * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶
            「にょっ記」
            0

              日記のような、詩のような内容。
              そこはかとなく笑える仕様になってます。

              この人の「本当はちがうんだ日記」とこの本はホンマおもろい。
              お勧めです。笑いたいときにどうぞ。

              エッセイ * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶
              「明日もまた生きていこう」
              0
                横山 友美佳
                マガジンハウス
                ¥ 1,365
                (2008-05-22)
                Amazonおすすめ度:

                18歳でガン宣告、それからずっと自分に迫り来る死と戦ったバレーボール選手の手記です。オリンピックも嘱望されていたほどの選手で、普通の高校生で恋人もいて夢もあって・・・という人生から一転、ひたすら闘病の日々が描かれます。

                ・・・色々無念やったろうなあ。
                一生懸命頑張って生きたけど、生き抜けなかった。
                病気のせいで様々なものを失って、あきらめて、それでも最後まで生きることを頑張った彼女は今でも様々な人々を勇気づけているのです。

                エッセイ * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶
                「潜水服は蝶の夢を見る」
                0

                  ジャン=ドミニック ボービー
                  講談社
                  ¥ 1,680
                  (1998-03-05)
                  Amazonおすすめ度:

                  映画を見そびれたので原作を買いました。
                  読後、この感動を維持したまま映画が是非見たくなってしまった・・!
                  映画観といたらよかった〜!ものすごく後悔です。
                  すごく感動・・・ではないですが、なんかめっさいい。余韻があります。

                  主人公は有名なファッション雑誌ELLEの編集長、ジャン=ドミニック・ボービーです。彼がある日脳卒中を起こし、生還とひきかえに全身が麻痺してしまいます。左目しか自由に動かせない彼は、左目だけでこの本を執筆しました。アイコンタクトで、助手の女性が筆記したそうです。

                  以前、全身麻痺といえば筋ジストロフィーという、だんだん身体が動かなくなるという主人公の闘病記を読んだことがあります。「こんな夜更けにバナナかよ」というノンフィクション本。あれは本当に壮絶な闘病記でしたが、本作品は語り口が洒落ていて、油断すると作者がロックトイン・シンドロームだと忘れてしまうくらい浪漫的な内容です。
                  中身はほとんどが過去の回想。二度と身体を動かせない彼は、思い出の世界に安らぎを求めます。
                  とにかく美しい、小説のワンシーンのようなお話に感動です。
                  インテリでロマンを愛したジャン氏は、麻痺で動かない身体を潜水服のなかにいるようだと形容。

                  果たして彼は自分を閉じこめる潜水服から抜け出して、新しい世界で蝶を見られたのでしょうか。
                  切なくて、美しい。オススメしたい本です。

                  エッセイ * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶
                  「ツチヤ教授の弁明」
                  0
                    ツチヤ学部長の弁明
                    土屋 賢二〔著〕
                    講談社 (2006.10)
                    通常24時間以内に発送します。

                    学部長就任挨拶、学部長プロフィール、15歳対象「国際テスト」に挑んだ、モテル君の条件、小泉首相の失敗…。青天の霹靂で学部長となった哲学教授は、初めて忙しくなり社会的発言にも軽みを増す!?
                    「弁明」はソクラテスだっけか。
                    倫理、哲学、宗教はわしの三大安眠学問です。教科書を読んでいるうちに自然と眠れます。人物名と作品名を覚えるだけでも睡魔に教われ、宗教の話も二分くらいで眠れます。のびた君より早く眠れる自信があります。

                    土屋先生は哲学家。その時点でわしとは縁がないとおもったのに・・・
                    以前彼の本を手に取った時は、あまりにも暇で本屋に立ち寄って、たまたま数ページ立ち読みして即惚れ。
                    そして今回も立ち読みで即買い。
                    めちゃ笑えます。そしてひそかに言ってることは哲学的だったりする。
                    ほかの哲学書も、ここまでかみくだいて哲学の原型も留めないように書いてくれればいいのに。
                    この本はエッセイだけど。
                    本書は女性について深い理解を示すとともに、永遠にわかりあえない存在として皮肉、理解、拒絶と様々な手法を使って述べられています。
                    同じ批判される女として、なるほどな・・・と思うことがしばしば。
                    いしいひさいち氏の漫画もついていて、これも面白かったです。
                    エッセイ * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶
                    「気になる部分」
                    0
                      身辺がひと段落落ち着いたのでご褒美に読書。
                      どこでだか忘れてしまったけど、ほかのブログさんが紹介されていた本で、表紙がかわいかったので即買いしてしまったのでした。↓
                      と思ったら四季様のところで紹介されていましたん。(後日訂正)
                      気になる部分
                      気になる部分
                      posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.23
                      岸本 佐知子著白水社 (2006.5)
                      通常24時間以内に発送します。

                      眠れぬ夜の「ひとり尻取り」、満員電車のキテレツさん達、屈辱の幼稚園時代−。ヘンでせつない日常を、強烈なユーモアとはじける言語センスで綴った、抱腹絶倒のエッセイ集。

                      翻訳家さんのエッセイって結構面白いと思う今日この頃。
                      物心ついてからいろんなことが気になっているこの作者のエッセイはかなり共感度が高かった!

                      岸本さんのエッセイは夢十夜みたいに現実なのか夢の中なのか、微妙なところが良い。幼少期の思い出も自分と多数重なるところがあっていい。
                      陰鬱で時に陽気な文系少女だったのではあるまいか。
                      わしも小さいころは夜中にタンスの取っ手が大きな目に見えて自分を見下ろしているような気がしてたまらなかったものだ。
                      わしは今でも顔半分まで布団をかぶらないと眠れない癖があるけれど、この癖は絶対幼少期のそのタンスのせいだと思う。タンスと目をあわさないようにいつも掛け布団をひっかぶって眠っていたからだと思う。
                      岸本さんの幼少期の思い出を読んでると、わしと同じほの暗い幼少期をもった人がいるっ・・・!と結構感動だった。

                      この人の翻訳を一度もよんだことがないので、今度『中二階』を読んでみようと思う。おお新しい出会い。 (´∀`)フフ
                      本のことを話し合えるお友達が旦那さんの転勤でいなくなってしまい、かなり春夏と寂しかったです。いつも図書館で読んだ本の話し合いっこをしてたなあ・・・。新潮クレストブックとか読み合いっこしてたのが楽しかった・・・。ただ本の意見交換だけど、同じ本の世界を体験した友達って特殊だと思うんだよねぇ。伊藤たかみさんが男の人だったことでショックをうけたらしく最近メールしてくれたけど、やっぱメールじゃなあ。でもこの本は結構面白かったのでお勧めメールしてみようと思います。(´∀`)
                      この夏はまた読書しまくろう。読んだ本を彼女に報告しよう。
                      Check
                      エッセイ * comments(2) * trackbacks(1) * - - * moji茶