悩ましき保活
0

    保育利用申込関係書類の配布が区役所と保育園で始まりました。

    これまで見学にいった保育園は五つ。

    そのうち候補に絞ったのは三つです。

     

    我が家は夫婦二人がフルタイム勤務なのでおそらく点数は50点を超える予定。こだわらなければどこかにはきっと入れる点だと思います。

    ただ、うちの息子ははっきりと診断が降りているわけではないのですが、精神的に弱い部分を持っていて(気に入らないことがあると物を投げる。投げられる重さなら椅子も投げる等)、療育の先生にも今日あらためて指摘されてしまいました。そして、通わせる保育園の話にもなり、本当は家から一番ちかい保育園に通わせたかったのですが、療育の先生がおススメしてくれたのは通園に車で15分程度かかる所。電車なら二駅ほどある保育園で私が第三希望にしていた園です。

    でも、その遠い保育園は私の第一印象が最高に良く、息子も先生に良く懐いて、見学の時もなかなか帰りたがらなかった保育園なので、嬉しいやら複雑な気持ちです。

     

    家から一番近いという理由で第一希望にした(勿論見学の時に息子が療育に通っていることは伝えていて、園長先生からうちはそういう子も受け入れてますし個に対応しますと言ってもらった)SN保育園は、療育の先生がまったく情報を掴めていないところで、ということは療育に通っている子がそこには誰も行っていないということで、ということは療育に通う子にはハードルの高いところなのでは・・・?という考えが療育の先生にはあるようです。

    その保育園は確かに生活発表会など子どもたちに演劇をさせたりする行事もあり、気分屋の息子がどこまでついていけるか不安なところもあります。最悪役ももらえず舞台袖に放置・・・とまではいかなくとも、行事ごとでみじめな気分を味わったりしないかなぁと思うこともあり。でも家から一番近いんですよ!!!これめっちゃ大事ですよね!

     

    第二希望は公立のKS保育所です。ここは家から徒歩10分くらいです。やはり近さが決め手。

    夏には半日保育にも参加させてもらい、言葉の出ない子もいたり集団遊びに参加できない子もいたり。でも同じ空間に一緒にいて、無理強いはしないけど声掛けはするといった緩い保育所です。

    ここならうちの息子でもいけるかな〜と漠然と感じました。先生も三人いてくれるし、公立だからか設備は充実していました。古い建物だけどトイレなど要所要所はこまめに改修してあり清潔でした。

    ただ延長保育が6時と短いのがネックです。それで第二希望になりました。

     

    第三希望は近鉄電車に乗って徒歩あわせて30分、車でなら片道15分の保育園です。

    第三希望なのは遠いからです。自宅から車で15分かけて通園、そのあと職場まで30分ほど運転する必要があります。

    それ以外は息子にとって好条件の保育園です。幼児園が併設してあり、発達に課題のある子に理解があります。教室は全て見せてもらいましたし、誰もいない教室で遊ばせてもらったり、途中から入ってきた園児に遊んでもらったり。気分にむらがあって課題が多い子だということもその時に知ってもらいましたが、子どもによって柔軟な対応のできる部屋があることも教えてもらいました。

    ここは距離さえ問題なければ一番通わせたいところです。療育の先生にもそれは伝えています。

    そして療育の先生の一番のおすすめもここなんですよね〜・・・でも距離かね〜・・・

     

    最終的に決めるのは親なので、そんなの知るか!家からちかい保育園にかよわせるんじゃい!!!と思いきればいいのですが、問答無用に親の都合で保育園に入れた結果かわいそうな目にあったお子さんのお話は私が知っているので、それは避けたいのです。できれば三年間楽しく通えるところに決めてやりたいと思っています。

    療育の先生がすすめてくれる保育園は地元の保育園ではないので、小学校のときお友達作りに苦労するかもしれませんが、もし保育園でつまづいたら小学校も何もあったもんじゃないよね〜・・・。やはり子どもに一番合った保育園がいいのかなぁとも思う・・・。

    でも距離がね〜!!!!遠いよね〜〜〜〜〜!!!!!

    身支度も含めれば通園距離が長いのはとても不利ですよね。早くしなさい!!!なんてせかしてべそかかせて毎日イライラしながら親も子も通うのかと思えばやはり近場の園の方が良い気もします。

     

    あと一か月悩む期間があるので療育の先生や家族と相談しながらですが、どうなることやら。

    保活、悩みます。

     

     

    妊娠→出産→育児 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶
    ディナゲスト
    0
      3年前、息子を出産してからの1年は生理が止まっていたのですが、2年目から順調に再開して、最初の頃はそうでもなかったのですが、たまに寝込むことや体に変調をきたす(右の下まぶたがアレルギー症状を起こして腫れる、胸のあたりに蕁麻疹が出る)ことが増え、とうとうここ3ヶ月では最初の三日間は夜用ナプキンの装着が必須、一日ものすごく肛門の奥が痛くなるので貧血も伴ってねこまざるを得なくなり、家事が停滞するということが起きてきました。
      家族のすすめで病院に行って中を見てもらうと、子宮と卵巣自体はとても綺麗。
      妊娠のおかげで子宮内膜はだいぶ小さくなってるみたいだし、これだと一見なんともないように見える。数年前に卵巣腫瘍を摘出したところは、子宮内膜症を再発した頃の名残か少しエコーで見受けられるけど、小さなものでまだ特別な治療がいる訳でもない。
      という診断でした。
      子宮も卵巣もとても綺麗だから2人目でも作ったら?と勧められたのですが、息子の療育のことやあと数ヶ月で職場に復帰しなければならないことを相談すると、服薬治療を勧められました。
      ディナゲストというホルモン抑制剤です。
      しばらくすると生理が止まるらしく、子宮内膜症や卵巣腫瘍の治療方法にもよく用いられるそうです。
      私の症状は、このまま生理が続けば確実に子宮内膜症が悪化することは確実で、エコーの見た目では早急な治療は必要ないレベルだけれど、寝込むほどの肛門痛は医者として気になるレベル。エコーに見えないところで、具体的にはダグラス窩というところが癒着している可能性が高く、寝込むほど痛ければ、最悪放置した結果内膜が直腸を突き破ることもあると言われました。
      それで、さっそくディナゲストという薬を処方されて朝夕1錠ずつ飲んでいます。
      副作用なんかも説明されましたが、まずは飲んでみないとなんとも分からない。
      今日で飲み始めて10日ほどがたちます。
      夜眠れない・・・かな?
      こんな時間にブログ書いてるくらいですからね。(^ω^;);););)
      眠いけど眠れんな。
      副作用には不眠、鬱傾向なんかもあるそうで、不眠なのかなぁと思いつつ、様子見しています。
      不眠だと漢方の処方や睡眠薬を渡されるみたいで、薬漬けの日々が始まります。
      それでもあのなんとも言えない肛門痛がなくなると思えばとても気が楽で、療育のある日も息子と元気に通えるのでとても助かっています。
      ディナゲストとのお付き合いは始まったばかりですが、どうなることやら。
      早く閉経して欲しいわ!!!!!


      卵巣腫瘍闘病記 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶
      我が家の絵本
      0
        間瀬 なおかた
        チャイルド本社
        ---
        (2009-04)
        コメント:電車好きには是非おすすめしたい。風景がとても美しく描かれている素敵な本です。一冊で二度楽しめる具合も最高。

        間瀬 なおかた
        ひさかたチャイルド
        ¥ 1,296
        (2003-05-01)
        コメント:お話の終盤で二歳の息子が「うわぁ〜!」と感動していました。バス好きなので選んだ本ですが、風景描写もとても素敵です。

        ---
        小学館
        ¥ 1,836
        (2017-04-26)
        コメント:二歳の息子はすぐやぶっちゃうかなと心配でしたが毎晩眺めて楽しんでます。おいしそうです。食べ物の名前も憶えてくれました。

        最近自分の読書がまったくできていないのですが、息子の絵本はどんどん増えてきているので、息子がよく寝る前に読んでほしいと持ってくる本を紹介しようと思います。

        最近よく読む三冊です。

         

         

        絵本 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶
        絵本について
        0

          この間、療育施設企画の「母親向け絵本についての講演会」に参加してきました。
          講演者の方は本職は本屋ですが、大学でも絵本の授業を担当していらっしゃる方で、実体験と大学で教えている生徒達の反応から得た自論をお話がいただいたのですが、とても笑えて感動して、納得させられる1時間になりました。
          絵本を通して子どもと一緒にできることや、読み方、楽しみ方、子どもとの接し方、親の悩み、話は多岐に渡りました。
          桂にあるという絵本館にも行ってみたいです。講演会のあとは講演の中で紹介された絵本やおすすめの本などの即売会があり、ずっと気になっていた本がこれみよがしに並んでいるのでついつい三冊ほど買ってしまいました。
          療育中に母親だけお話を聞いて、本を買って、息子の元へ、という流れだったので、息子は私が部屋に戻るなり買いたてのほやほやの本を奪い取り、その中から目ざとくバスの絵本を見つけ、昼食の準備もそっちのけでかじりついていました。
          送迎バスの中でも大切に持って寝落ちしたので、こういう時は幸せを感じてしまいますねー。

          本好きに育ってくれて何よりです。まあ、本よりトミカなんですけどね(^ω^;);););)

          最近はファッションにもこだわりがあるらしく、独自のセンスに親も困惑するしかありません。

          めっちゃ嬉しそうやし。写真集とってぇ〜と超ご自慢のご様子。やれやれですわ。

           

          妊娠→出産→育児 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶
          はらぺこあおむし
          0

            絵本の王道オブ王道!

            絵が見やすいようにと大きいサイズで購入しました。

            息子が生まれた時から読み聞かせている本ですが、最初の頃はわけがわからずむしゃむしゃ紙を食べてました・・・。おかげで補修しまくりになってますが、二歳になると他にもたくさん面白い本があるにもかかわらず、時々読んで〜と持ってくる本です。

             

             

            絵本 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶
            いろいろばあ
            0

              「いろいろばあ」と「もっといろいろばあ」が息子の大のお気に入りです。

              お世話になっている療育の本棚にあるのですが、園児で取り合いになるくらい大人気で、毎回熱心に読んでいるので最近は暗記するまでになってしまったので、家用にも買いました。

              「もっといろいろばあ」は前作と同じパターンですがパワーアップしているので、息子も大喜びです。

              絵もかわいいですね。

              読んでいて反応が大きく帰ってくる本なので、親が読み聞かせていても楽しいです。

              絵本 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶
              保活!!園活!!
              0

                息子が療育に通い出して四か月が経過しました。

                今はプールが楽しくてたまらないようで、毎回行くのを楽しみにしたいます。

                しかし、「みんなプール好きになれてよかったね!」と他のお母さん方と肩をなで下ろし合っていたのもつかの間、やってきました進路学習会の時期が・・・。

                「え!?もう???」

                数人のお母さん方がとてもびっくりされていましたが、確かに今の時期から学習会しとかないと保育園は申し込みが11月から始まりますもんね。

                もうそんな時期なのかぁと私個人は溜め息がでました。

                一年前までは私が育休中ということもあり、単純に保育園を希望していたんですが、いざ我が子を療育に通わせてみると、果たして保育園で本当にいいのかどうか少し考えることもあり・・・。

                なので、学習会はひそかに心待ちにしていた面もあります。

                 

                学習会はすでに2回ありました。

                1回目は療育施設を卒園し、健常児さんたちと同じ保育園や幼稚園に通わせているOGのお母さん方のお話を聞きました。

                ダウン症や自閉症など、具体的な診断名がついているお子さんや、うちの息子のようにグレーゾーンにいるお子さんの今を教えてもらえたので大変有意義でした。

                やはり障害を抱えた子どもを預かるということは一筋縄ではいかないらしく、幼稚園、保育園ともに電話の段階で断られたりとか、見学に行ってみたり、体験保育に行ってみた結果、我が子には合わないと思い悩んだり・・・。でもお母さん方は本当に真剣に園探しをされていたので結構背中を押してもらえた気もしましたし、そんなこんなを乗り越えて現在の園に決定した経緯とか、今通っていてどんな風だとか先生方の細やかな指導やフォローについても知ることが出来たのでとても有意義でした。

                 

                2回目の学習会は、単独通園を行っている幼児園(療育機能を持った幼稚園&保育園のようなもの)にお子さんを通わせているお母さん方のお話を聞きました。

                幼児園は私の住んでいる市では四カ所しかなく、どこも高倍率で入るのは難しいのですが、個に応じたきめこまやかなプログラム、配置されている先生や看護師、専門家の人数の多さなど、やはり良い面が多いようです。

                話しを聞いていると、ついついうちの子もここで面倒を見て欲しいなぁ〜と思っちゃうんですけど、いかんせんの高倍率!

                あとは、重度障害の子が多めの印象です。

                 

                3回目は皆でバスにのって幼児園の見学ツアーに行ってきます。

                私は去年復職する気満々だったので、去年までに何カ所か近所の保育園は見学に行っていて、園庭で遊ばせてもらったりした経験から幼児園は希望にないのですが、自分の見聞を広めるためと、万が一のために参加して来ようとおもいます。

                その万が一というのが・・・

                うちの子は現在二歳半です。↑このように今では貫禄もついてきました。ていうか腹出過ぎ。

                トミカとユーチューブ、かわいいもの、お化粧品が大好きです。

                少し舌足らずですが、会話もすこしくらいなら成立するし、トミカを使ったごっこ遊びが大好き。歌も歌うし、語彙力は伸びていると思います。絵本も好きです。図鑑を毎日眺めているし、私の膝の上に座って本をねだるし、寝る前には何冊か本を読む習慣もできています。

                が、しかし一方で、息子は近所に友達がおらず、子ども同士で一緒にゲームをするという一体感をまだ経験したことがありません。

                そのくせ人の輪には入っていきたいようで、過去の人見知りや場所見知りはどこへやら、ぐいぐい入って行こうとする息子に赤の他人の子どもたちが引く始末・・・そしてこの間は、スーパーのキッズスペースで同じような関わり方をする息子に対し、気前よく仲間に入れてくれようとしたお兄ちゃんがいたんですけど、なんとその子の足を噛んじゃったんですよね・・・トホホ

                息子は悪気があったわけではなく、一緒に遊んでいる喜びに気が昂ぶってガブリといってしまったんですが(猫かよ)、どっちみち噛むのはアウトですよね。すぐにその子とお母さんに説明して謝ると、お母さんは「小さいお子さん相手にうちの子が何か乱暴にしたんじゃないですか?」と気遣ってくれたんですけど、完全にうちの子が勝手に噛んだんですよね・・・トホホ

                噛むのはいけないことだから謝りなさいと言っても「違うの!」といって謝らないし、私がどうして怒っているのかわかるか確認しても「いや!」と認めようとしないし。噛んだからお母さんが怒っているのは分かってるけど謝るのは嫌なんですよねきっと。最近とてもわがままになってきました。

                こういう時我が子は馬鹿なのか賢いのか本当にわからなくなります。(≡ε≡;A)…

                 

                1人遊びは上手だけど、他の子とのコミュニケーションの取り方が苦手で、よく噛むすぐ噛むっていう現状は痛い。いろんな意味で痛い。

                二歳前後だと噛むのはよくあるみたいなんですけど、うちの子はもう二歳半を通過してるんですよね。「二歳前後」って「一歳八か月から二歳二ヶ月ころ」のあたりを指すんじゃないですか?細かいですかね。こういうところ厳密になったりしません?

                 

                去年に児童相談所で受けたK式発達検査では言語と社会性が半年の遅れと指摘されていたので、まさにその通りの現実を今更突きつけられてしまった感。うちの子は身体の成長に心がまだ追い付いてないのかなぁ。

                そう思うと、自分の復職のことばかり優先して保育園を考えていたのですが、幼児園や障害に理解のある幼稚園なんかも選択肢に入れた方がいいのではないかと思うようになりました。

                 

                とりあえず、今の我が子の現状を客観的に知りたくて、K式の再検査を児童相談所に申し込んだらまさかの半年待ち!!!うおお〜ん(^◇^;)

                悩んでもしょうがないので、第一希望と第二希望の保育園には見学の予約を入れました。9月になってから、幼稚園を一つ、保育園をもう二つくらい観に行く予定です。見学会の結果次第では幼児園も再見学しよ。

                そう考えると九月十月って怒涛ですよね・・・ゲームする暇あるかな

                 

                と、真面目な話はこれくらいにして、7月は家族で神戸のアンパンマンミュージアムに行ってきました!

                数あるキャラクターの中で「あ!鉄火のマキちゃん・・・」と私も知らないキャラに食いつく息子。

                誰だよ。

                ↓下の写真はうみんぴあ大飯に行ったときのもの。

                施設内の巨大なボールプールに浮かぶ船と、簡単なアスレチックがあるのですが、息子は大喜びでした。

                実の父親が帰宅しただけで号泣してた一年前、どこに行っても母親がついていないと泣いていた半年前を思うと、一人で網を這って登ろうとする姿なんて感動しかありません。ゆっくりだけど確実に成長してるんだなぁ・・・。

                ↓はつい数日前。滋賀県の函館山にある子ども用プールなのですが、大喜びで遊んでいました。

                腹が出てるよ腹が・・・。食べるのは大好きです。

                良く食べ良く遊び、良く寝て、毎日そんな日々がつづけばいいなぁなんて思ってます。

                秋からは保活で忙しくなるけど、息子よ!協力してくれよな!

                妊娠→出産→育児 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶
                地震怖かったー!
                0


                  これはカッパの帽子をかぶらせたら号泣する息子の写真です。そんなに帽子がいやか。帽子かぶらんとカッパの意味が八割方失われるやん??

                  いやいや、本題は地震ですよ。
                  大阪北部、高槻を中心とした震度六弱の地震が先週ありまして、こちらは五強だったので高槻程ではないですけどむちゃんこ揺れましたよね。
                  たまたま療育のない日で、前日に滋賀のじいじばあばと運動公園で遊んでもらって、遊び疲れて八時過ぎまで布団の中で寝こけている息子氏を眺めていたんですが、突然グラっときまして。
                  緊急地震速報もないし、いや、その時は緊急地震速報なんて言葉は思いつかず、ただこれは震度三くらいかな?と咄嗟に思って息子を抱き寄せたんですが、そこから急にマンションがゴゴゴゴゴゴ!という地響きとともに縦揺れを初めまして、びっくりしてただ布団の上で息子を抱き抱えるしか出来ませんでした。縦揺れでガタガタと部屋のおもちゃが揺れて、その音と地鳴りとで緊急地震速報の音はかき消されて、ただひたすら恐怖の時間に耐えてました。後で思うと揺れの時間はそこまで長くなくて、横揺れはほとんどありませんでした。ドン!と突き上げる衝撃がまだ記憶に新しいです。直下型怖い。(∩´?`∩)

                  全国で地震が多発し、火山が噴火しています。私の住む街も地震が来ないわけがないと思い飲料水や米は多めに備蓄しているのですが、いざ揺れると、まさかそんなに大きな揺れが来ると思わなくて、現実は頭が真っ白になって息子を抱き寄せるので精一杯でした。
                  1時間くらい様子を見て、ガスが止まってたのでお昼ご飯を家の前のコンビニに買いに行くと、コンビニは通常運転。街行く人々が怖かったねー!と言い合っていて、私もすれ違う人と大丈夫でしたか!?と騒ぎあってました。
                  こどもたちも保育園から高校までみんな午前で帰ってきたみたいで、療育の先生にも後で聞いてみたら、月曜日のお母さん達にお休みの連絡をするのがたいへんだったと言ってました。
                  8時だと出勤してない先生も多いから、とにかく職場に向かおうと必死だったらしいです。先生達大変やで・・・(^ω^;);););)

                  今は余震も落ち着いて、大きなニュースも入ってこなくなりましたが、大事がなくて何より。今後も警戒していきたいです。

                  ちなみに、2歳の息子も地震はなんとなくわかるみたいで、しばらくは「どーん!どーん!」と地震が来た時の音を繰り返してました。
                  雑記 * comments(2) * trackbacks(0) * - - * moji茶
                  飛躍
                  0

                    太陽が丘のアスレチック滑り台です。
                    かなり傾斜があってスピードの出る滑り台なのですが、1人で滑りたがるので下で見守りながら滑らせてました。

                    家のジャングルジムもスイスイのぼります。

                    療育ではシーソーとブランコも乗れるようになりました。
                    通い始めてから2ヶ月で、息子はチャレンジする面白さを知ったみたいです。最近は色々なものに興味を持って突撃していくようになりました。

                    相変わらずです猫みたいなこともやってますが・・・

                    食欲も旺盛で、給食も緑の野菜以外は食べるようになってきました。あと、かぼちゃとさつまいもが苦手みたい。スープならのむんですけどね。
                    よく食べるので家でもたくさん出してたらなんだか丸くなってきた^^;

                    少し前までこんな感じで出てたんですが、給食を見習って品数も量も全体的に少なくもることにしてします。
                    お代わりはもちろんあります。
                    白米が大好きで、手づかみでガブっといっちゃうので、スプーンにもう少し慣れてくれたらなと思ってます。
                    でも心配事はそのくらいで、今はすくすく成長してくれているので一日一日が楽しみですね。

                    2歳頃からベビーカーに乗りたがらないので、手を繋いで歩く練習もしましたが、甲斐あってこの間はカートに乗らず百均で買い物が出来ました。
                    ほんの2ヶ月前までカートに乗せると号泣絶叫だったのが嘘みたいです。逆に、カートに乗らなくなった今頃になって乗りたそうにしています。
                    息子よ、成長曲線を大きく超えるお前に乗れるカートはもうないのだ。あとはイオンの子供用カートくらいだ。

                    本当に療育さまさまといった感じで、通い始めてから恐ろしいスピードで成長しています。

                    自分からブロックで車を作って遊ぶようになった時はちょっと感動しました。

                    今はあちこち出かける度刺激を受けているようなので、できるだけ色々なところに連れて行って一緒に遊んでいます。

                    療育のお友達の名前、全部言えるようになろうね!




                    妊娠→出産→育児 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶
                    療育通ってます
                    0
                      緊張の初日から一ヶ月が過ぎました。風邪で1日休んだけど、週三回友達と遊んで、憧れの幼稚園バスにも乗れて、おおむね満足しているように思います。


                      療育を勧められた1才半のときからは比べ物にならないほど語彙数も増え、毎日一人で楽しそうにおしゃべりしています。あと、人見知りと場所見知りは大分ましになって、人懐っこい性格になりました。
                      療育の先生のことが大好きで、よく足にまとわりついたり膝に座ったりしています。
                      友達と遊具の取り合いをしても、納得すれば貸してあげたり取ったものを返してあげたり。


                      まだわたしの姿を探して泣き出すことはあるものの、大いに成長してくれていると思います。
                      歌とかも好きです。砂場遊びも大好き。でも砂浴びはやめて欲しいですね(^_^;)
                      ブランコやシーソーは怖がって乗りません。トランポリンは最初めっちゃ泣いてたけど、ある日気がついたら一人で乗って跳ねてました。お花を摘むのも好きです。初めて摘んだ花がタンポポだからか、黄色が好きみたいで、自分の色は黄色だと思ってるみたい。私は赤のようです。よく赤いものをくれます。


                      あと、現在は、現在も、トミカが大好きです・・・。車好きは血筋かなぁ。もうとにかく電車。電車よりはたらく車です。
                      私もオールテレーンクレーンとか、ウィングトラックとか、実生活に全く関係のない知識に無駄に詳しくなりました(^_^;)
                      トミカ、大人も欲しくなるくらい良くできてるので危険です。つい散財しちゃう!


                      偏食はきつくて、療育ではご飯とデザートのみ完食。おかずはほとんど何も食べません。家では人参とコーン、豆腐、うどん、金時豆、カレーは大好きなんですけど、それでも気分で食べたり食べなかったり。私自身食わず嫌いで偏食がきつかったことを覚えているので、あまり強く言い聞かせたり叱ったりしないのが拍車をかけているのかとも思うのですが、厳しかった母親の記憶を思い出すとどうもわたしはそこまで強制して食べさせなくても良いかな、と思ってしまうのです・・・。
                      結局叱られても嫌いなものは嫌いだったし、ご飯の時間は常に憂鬱でした。
                      お菓子でお腹を満たそうとしているときは叱りますけどね。残したおにぎり食べんかい!
                      ・・・と、色々悩みの種はあるものの、療育は私の気分転換にもなってまして、息子より私の方が楽しみにしているかもしれません。今日はどこに遊びに行こうかとか、今日のお昼ご飯は何にしようかとか、療育の日はそんなこと考えなくて良いから!

                      このまま順調に行って、うまく保育園に繋げるという当面の目標が達成できたら良いなぁー。
                      五月は家庭訪問と遠足があります。





                      Check
                      妊娠→出産→育児 * comments(0) * trackbacks(0) * - - * moji茶